うつ病 休職 体験談

経理から、バスの運転手に。メンタルの負担がなくなりうつも改善

【うつ病の症状・治療体験談】:経理から、バスの運転手に。メンタルの負担がなくなりうつも改善

プロフィール: Mさん、30代男性、経理、4ヶ月間休職

 

塾教師からじゅうたんなどを販売するインテリア会社に転職したのは、30代前半のころのことでした。

 

経理として未経験で転職したのですが、中小企業だったので、経理はずさん。周りに誰も聞く人がおらず、行政書士の顧問の人に電話で聞きまくっていました。

 

あまりにも何回も同じことを聞くので、しまいには怒られ会長にもいじめを受けるようになりました。

 

無能だとか、給料どろぼうなどのパワハラを受け、同僚にも足や頭を殴られるなどの暴力を受け、だんだん会社へ行けなくなりました。

 

当時1人暮らしをしていたのですが、うつ症状がひどくなりふとんから起き上がることができなくなりました。

 

そのため家事や食事がまともにとれず、実家に戻り母親の世話になることになりました。

 

ほぼ、1日中、ふとんの中で寝ていました。心療内科で処方された薬をのんでいました。

 

そのうち4ヶ月ぐらいして、会長が会社を休むのなら、辞めてくれと解雇され傷病手当を打ち切られました。

 

それでもあまりうつが治らず、ある日、病院の帰り道大型2種免許の看板を見ました。

 

私は、人と協調したり、人とすり合わせて仕事をすることが苦手な性格なので、もう内勤の仕事はやめようと思いました。

 

そこで、ドライバーに転職するために、大型2種の資格を取りました。

 

できれば大手のバス会社に入りたかったのですがなかなか難しく、中堅どころのバス会社に転職しました。

 

内勤ではとにかく人間関係がしんどかったのですが、バスの運転にかんしてはそういう煩わしさもなく私には適職でした。

 

給料は減ったけど、メンタル面が楽になり、薬の量もかなり減らすことができました。

 

せっかく大学までいったので、サラリーマンがやりたかったのですが、自分に合わない場合は転職したほうがいいです。

 

メンタルを壊してまでやる仕事なんて、ないですから。

スポンサーリンク

関連ページ

鬱病になった時には勇気を持って早く休職するべきです
とにかく早く気付いて、しっかり休むこと
人間関係からの精神的疲労
看護師ですが鬱病になり休職しました
私でも鬱病になってしまった体験談
休職の後は、復職しましたが、退職してしまいました
職場環境と元々の性質から鬱になって
鬱と仕事
無理しないことが一番
鬱病になりました
鬱病になって人生が変わったこと
仕事を鬱病で休職することになった体験について
私が鬱で休職した経験
気付けば鬱になっていた
初めての就職。初めての介護。初めての退職…
過酷な営業プレッシャーでうつ病に・・・
鬱での休職経験について
仕事のコミュニケーション不足から鬱病になりました
もうダメだからの復帰
人間不信による鬱を経験しました
うつ病で仕事を休職する人へ
うつ病になった経緯
迷わず病院に行くのが早く治ります
休職から転職へ〜私のうつ病体験記
1ヶ月の休職経験
上司との闘い
接客業中の鬱
医薬品営業の鬱病
うつ病になっても焦らないでください
直感を信じるストレス対策
うつ病が変えた私の人生
入社5ヶ月での休職、そして復帰
鬱病の夫と過ごして、後悔していること
薬の服用状況を確り確認しましょう
プログラマーの鬱病
うつ病にサインはありませんでした
休職のすすめ
うつは早めの対応で必ずよくなります
焦らないで、ラフに生きましょう!
うつ病の解決策は絶対にある!
病気は不思議なものです ちょっとしたことで立ち直ります
只今、鬱病で休職中です
休職中は、出来るだけ1人にならないように
鬱からの脱却
休職、職掌転換、退職もひとつの選択肢
そんなに精神的には疲れていないと思っていた

トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上