うつ病 休職 体験談

無理しないことが一番

【うつ病の症状・治療体験談】:無理しないことが一番

プロフィール: S.Kさん、20代後半女性、兼業主婦、20代前半の時に3ヶ月間休職

 

私の通っていた大学は青森にあります。
そのため、東京まで就職活動のために、往復6時間交通費3万円で何往復もしました。
また、この時期は卒業論文に向けて研究もあったので、就職活動と研究の並行は大変です。
選考には筆記試験もありましたが、私には試験勉強する時間や会社に合った自己PRを作成する時間もありませんでした。
正直、卒論のない大学や東京近辺に住んでいる就活生がうらやましかったです。
そして、苦労の末なんとか飲食店から一社、内定をいただくことができました。

 

店舗配属が決まってからも問題はありました。
私の配属先はオープンしたばかりの店舗でとてもバタバタしていたのです。
そのため、ろくに仕事を教えてもらえず、暴言をはかれ、残業代の出ない仕事を毎日何時間もさせられました。
また、シフト制だったため勤務時間がバラバラで体内時計が狂いそうでした。
休みの日は疲れてひたすら寝ていたので、友達と会うなど自由な時間はなかったと思います。

 

そして、ついに通勤途中に過去吸で倒れ、かかりつけの診療内科に運ばれました。
私はこのとき会社を辞める決意をしたのです。
このままでは壊れて取り返しのつかないことになるんじゃないかと感じたからです。
退職してからはニートでいる自分に罪悪感があったので、すぐにまた正社員で務めたかったのですが、主治医に止められました。
“無理をしても続かない”といわれたので、数ヶ月経ってからアルバイトを探すことにしたのです。
ですが、今思えばこの行動が本当に良かったと思います。
無理をしなければ病気の治りも早いため、また次の仕事に就ける可能性が高くなります。
それに、精神的な病気になっても普通は一円も会社がお金を出してくれないですからね。

スポンサーリンク

関連ページ

鬱病になった時には勇気を持って早く休職するべきです
とにかく早く気付いて、しっかり休むこと
人間関係からの精神的疲労
看護師ですが鬱病になり休職しました
私でも鬱病になってしまった体験談
休職の後は、復職しましたが、退職してしまいました
職場環境と元々の性質から鬱になって
鬱と仕事
鬱病になりました
鬱病になって人生が変わったこと
仕事を鬱病で休職することになった体験について
私が鬱で休職した経験
気付けば鬱になっていた
初めての就職。初めての介護。初めての退職…
過酷な営業プレッシャーでうつ病に・・・
鬱での休職経験について
仕事のコミュニケーション不足から鬱病になりました
もうダメだからの復帰
人間不信による鬱を経験しました
うつ病で仕事を休職する人へ
うつ病になった経緯
迷わず病院に行くのが早く治ります
休職から転職へ〜私のうつ病体験記
1ヶ月の休職経験
上司との闘い
接客業中の鬱
医薬品営業の鬱病
うつ病になっても焦らないでください
直感を信じるストレス対策
うつ病が変えた私の人生
入社5ヶ月での休職、そして復帰
鬱病の夫と過ごして、後悔していること
薬の服用状況を確り確認しましょう
プログラマーの鬱病
うつ病にサインはありませんでした
休職のすすめ
うつは早めの対応で必ずよくなります
焦らないで、ラフに生きましょう!
うつ病の解決策は絶対にある!
病気は不思議なものです ちょっとしたことで立ち直ります
只今、鬱病で休職中です
休職中は、出来るだけ1人にならないように
鬱からの脱却
経理から、バスの運転手に。メンタルの負担がなくなりうつも改善
休職、職掌転換、退職もひとつの選択肢
そんなに精神的には疲れていないと思っていた

トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上