うつ病 休職 体験談

鬱病になりました

【うつ病の症状・治療体験談】:鬱病になりました

プロフィール: M.Tさん、30代女性、工場勤務、20代の時に3ヶ月間休職

 

私は、前の職場で鬱病にかかり、休職していました。
きっかけはサービス残業に加え、お局様たちからの嫌がらせが原因でした。

 

その会社は小さな町工場だったのですが、ほぼ年配で女性ばかりのパートのおば様がほとんどで正社員の方は数人でした。
若い女性は私だけで、あとはベテランの方たちばかり。
若い私が正社員として入ってきた時からそのお局様たちのターゲットになっていました。

 

初めは我慢していたのですが、定時になると仕事を押し付け帰る人ばかり。
仕事が残っていても誰も私を手伝ってくれようとはしませんでした。
そのせいで残業、残業の毎日が続き、私は朝起きれなくなってきていました。

 

身体はだるいし、夜も疲れているのに何回も目が覚め、いきなり泣き出したりと自分でもこれは精神的にやばいなと感じ、
心療内科に行ってみました。
診断結果はうつ病でした。
カウンセリングと薬を処方されましたが、それでも体調が良くならないので私は上司に相談し、
休職させてもらうことにしました。

 

休職中は仕事の事はあまり考えないようにし、規則正しい生活を心がけ、食事もきちんと3食バランスの取れたものを食べました。
のんびりしながらも適度な運動もしました。

 

通院し、薬を飲みながらですが少しづつ体調も良くなり、3か月か経った頃に上司に連絡をし職場復帰することになりました。
その時はまた鬱病が酷くなるのではないかと不安で不安で仕方がなかったのですが、上司が別の部署に変えてくれたおかげで
残業も前以上にひどくはないし、いじめてくるお局様達とも朝会うくらいで済みました。
少しづつ身体も慣れてきて私も安心したのか以前に用にフルタイムで働けるようになりました。

 

休職中は本当に自分がまた働けれるのかと不安になる事もあるし、フラッシュバックもありました。
でも少しづつでいいのです。
自分のペースで過ごしてください。
退職するのも1つの方法です。
自分の身体は自分で大切にしてあげてくださいね。

スポンサーリンク

関連ページ

鬱病になった時には勇気を持って早く休職するべきです
とにかく早く気付いて、しっかり休むこと
人間関係からの精神的疲労
看護師ですが鬱病になり休職しました
私でも鬱病になってしまった体験談
休職の後は、復職しましたが、退職してしまいました
職場環境と元々の性質から鬱になって
鬱と仕事
無理しないことが一番
鬱病になって人生が変わったこと
仕事を鬱病で休職することになった体験について
私が鬱で休職した経験
気付けば鬱になっていた
初めての就職。初めての介護。初めての退職…
過酷な営業プレッシャーでうつ病に・・・
鬱での休職経験について
仕事のコミュニケーション不足から鬱病になりました
もうダメだからの復帰
人間不信による鬱を経験しました
うつ病で仕事を休職する人へ
うつ病になった経緯
迷わず病院に行くのが早く治ります
休職から転職へ〜私のうつ病体験記
1ヶ月の休職経験
上司との闘い
接客業中の鬱
医薬品営業の鬱病
うつ病になっても焦らないでください
直感を信じるストレス対策
うつ病が変えた私の人生
入社5ヶ月での休職、そして復帰
鬱病の夫と過ごして、後悔していること
薬の服用状況を確り確認しましょう
プログラマーの鬱病
うつ病にサインはありませんでした
休職のすすめ
うつは早めの対応で必ずよくなります
焦らないで、ラフに生きましょう!
うつ病の解決策は絶対にある!
病気は不思議なものです ちょっとしたことで立ち直ります
只今、鬱病で休職中です
休職中は、出来るだけ1人にならないように
鬱からの脱却
経理から、バスの運転手に。メンタルの負担がなくなりうつも改善
休職、職掌転換、退職もひとつの選択肢
そんなに精神的には疲れていないと思っていた

トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上