うつ病 休職 体験談

とにかく早く気付いて、しっかり休むこと

【うつ病の症状・治療体験談】:とにかく早く気付いて、しっかり休むこと

プロフィール: KKさん、30代女性、設計、20代の時に3ヶ月間休職

 

私は以前鬱病になり仕事を短い期間でしたが休職したことがあります。今思うと鬱病の始まりは、朝起きることがとにかくつらくなり始めたことです。ですが、ただ疲れがたまっているだけだと思っていました。無理をして起きれたうちはまだいいのですが、段々体が動かないくらいのだるさが訪れました。そして出社しようと思っているのですが、どうしても会社に入ることができなってしまいました。

 

私は自分自身が今までと違うことに気付き、病院に行って薬を処方してもらいました。その後、休職に必要になるので診断書ももらいました。休職をして始めのころはとにかく体が主ように動かず、1日中寝ていました。本当に毎日寝て暮らしていました。その時は無理に朝起きて夜早く寝るなどは気にせずに寝ることを優先していました。とにかく体が動くようになるまでは自分自身を甘やかしてダラダラとしていました。

 

次第に体が動くようになってくると寝ている時間は短くなっていきました。起きている時間が長くなると、これからの自分についての不安が出てきました。私はこのままずっと休職したままで仕事に復職できないのではないか。もし復職できても今までのようには働けないのではないか。など不安が次々と出てきました。

 

ですが、今は病気を治すことだけを考えようと思い、あえて復職後のことは考えないようにしました。3カ月休職した後復職をしましたが、3ヶ月間は勤務時間を短縮して働いて自分自身に働けるんだという自信をつけていきました。

 

復職後、勤務するに当たり無理して出社しないようにしていました。無理してまた会社に行くことができなくなるのが一番怖かったからです。その後、会社と話し合いを行い部署移動をしてもらい以前のような激務で働くようなことはなくなりました。

 

休職前はどうしてもこの仕事がしたい。続けたいと思っていましたし、仕事にとてもこだわりがありました。ですが、休職後はいい意味で仕事のこだわりがなくなりどんな仕事でも大切な仕事だと思えるようになりました。

 

周りの人は鬱病になったことを驚いていました。私の会社ではよく鬱病になる人がいましたが、まさか私がなるとは思っていなかったようです。復職後、以前のような体のだるさはもうありませんが一応薬は飲み続けています。

 

私は、自分自身が今までと違うと気付いた時にすぱっと長期間休職してよかったと思っています。一週間休むということもできましたが、それでは私の症状が落ち着かなかったと思います。思い切り休むというのも選択の1つだと思います。

スポンサーリンク

関連ページ

鬱病になった時には勇気を持って早く休職するべきです
人間関係からの精神的疲労
看護師ですが鬱病になり休職しました
私でも鬱病になってしまった体験談
休職の後は、復職しましたが、退職してしまいました
職場環境と元々の性質から鬱になって
鬱と仕事
無理しないことが一番
鬱病になりました
鬱病になって人生が変わったこと
仕事を鬱病で休職することになった体験について
私が鬱で休職した経験
気付けば鬱になっていた
初めての就職。初めての介護。初めての退職…
過酷な営業プレッシャーでうつ病に・・・
鬱での休職経験について
仕事のコミュニケーション不足から鬱病になりました
もうダメだからの復帰
人間不信による鬱を経験しました
うつ病で仕事を休職する人へ
うつ病になった経緯
迷わず病院に行くのが早く治ります
休職から転職へ〜私のうつ病体験記
1ヶ月の休職経験
上司との闘い
接客業中の鬱
医薬品営業の鬱病
うつ病になっても焦らないでください
直感を信じるストレス対策
うつ病が変えた私の人生
入社5ヶ月での休職、そして復帰
鬱病の夫と過ごして、後悔していること
薬の服用状況を確り確認しましょう
プログラマーの鬱病
うつ病にサインはありませんでした
休職のすすめ
うつは早めの対応で必ずよくなります
焦らないで、ラフに生きましょう!
うつ病の解決策は絶対にある!
病気は不思議なものです ちょっとしたことで立ち直ります
只今、鬱病で休職中です
休職中は、出来るだけ1人にならないように
鬱からの脱却
経理から、バスの運転手に。メンタルの負担がなくなりうつも改善
休職、職掌転換、退職もひとつの選択肢
そんなに精神的には疲れていないと思っていた

トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上