うつ病 休職 体験談

迷わず病院に行くのが早く治ります

【うつ病の症状・治療体験談】:迷わず病院に行くのが早く治ります

プロフィール: K.Kさん、40歳男性、会社員、3日〜30日間休職を繰り返し

 

うつ病になった原因は、職場の一人の人からのイジメです。私のする事、全てにイチャモンをつけて、私の悪口を流します。はじめはショックでしたが、こういう心の貧しい人の言う事は気にしないでおこうと、流す様にしました。

 

しかし、ある時から眠れない日々が続きました。そして、職場に行きたくなくなりました。でも、休むわけにはいかないので、何とか職場には行きますが、気持ちが落ち込んで誰とも話す気にもなれません。とうとう3日眠れなくなり、大発狂してしまいました。家族が病院に連れて行ってくれ、うつ病と診断されました。

 

治ってはまた、うつになりを繰り返していくうちにパターンがわかってきました。

 

うつになる前は眉間の辺りに違和感があり、職場の事が気になりはじめたら、眠れなくなります。この眠れなくなった時に直ぐに病院に行かないと発狂してしまいます。

 

普段から軽い睡眠導入剤と安定剤を飲む様に言われました。眠れなくなったら、職場は無理せずひ休み、病院に行き、お薬をもらいます。そして、ひたすら眠ります。お薬を飲むので必ず眠れますが、ひどい時は3時間位でめが覚めるので頓服で少しキツイお薬をのみます。これで、必ず朝まで眠れます。早くて一週間で治ります。遅い時は一ヶ月かかったり、一ヶ月入院したりします。

 

酷いか軽いかは自分でわかるので、酷そうな時は、入院を申し出て入院させてもらいます。お薬の効果ももちろんあるのでしょが、ほんの一言や思いついた事、テレビを見てて誰かの発言で、地獄からふと解き放たれる事もあります。職場にも話していますので、辞めずに行けています。

 

無理をせずに、おかしいと思ったら病院に行くのが一番です。先生とお話しをしただけで、かなり楽になります。先生のいう通りのお薬をのめば、早く治ります。

スポンサーリンク

関連ページ

鬱病になった時には勇気を持って早く休職するべきです
とにかく早く気付いて、しっかり休むこと
人間関係からの精神的疲労
看護師ですが鬱病になり休職しました
私でも鬱病になってしまった体験談
休職の後は、復職しましたが、退職してしまいました
職場環境と元々の性質から鬱になって
鬱と仕事
無理しないことが一番
鬱病になりました
鬱病になって人生が変わったこと
仕事を鬱病で休職することになった体験について
私が鬱で休職した経験
気付けば鬱になっていた
初めての就職。初めての介護。初めての退職…
過酷な営業プレッシャーでうつ病に・・・
鬱での休職経験について
仕事のコミュニケーション不足から鬱病になりました
もうダメだからの復帰
人間不信による鬱を経験しました
うつ病で仕事を休職する人へ
うつ病になった経緯
休職から転職へ〜私のうつ病体験記
1ヶ月の休職経験
上司との闘い
接客業中の鬱
医薬品営業の鬱病
うつ病になっても焦らないでください
直感を信じるストレス対策
うつ病が変えた私の人生
入社5ヶ月での休職、そして復帰
鬱病の夫と過ごして、後悔していること
薬の服用状況を確り確認しましょう
プログラマーの鬱病
うつ病にサインはありませんでした
休職のすすめ
うつは早めの対応で必ずよくなります
焦らないで、ラフに生きましょう!
うつ病の解決策は絶対にある!
病気は不思議なものです ちょっとしたことで立ち直ります
只今、鬱病で休職中です
休職中は、出来るだけ1人にならないように
鬱からの脱却
経理から、バスの運転手に。メンタルの負担がなくなりうつも改善
休職、職掌転換、退職もひとつの選択肢
そんなに精神的には疲れていないと思っていた

トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上