うつ病 休職 体験談

人間関係からの精神的疲労

【うつ病の症状・治療体験談】:人間関係からの精神的疲労

プロフィール: M.Mさん、30代女性、接客業、20代の時に3ヶ月間休職

 

当時、責任者として担当部署のシフト管理などをしていました。

 

休日は週2日シフト制でした。

 

もともと同じ時間帯の責任者がもう一人いたのですが、勤務時間帯が変更になり私がひとりで担当することになりました。

 

全体の責任者は早朝から夕方まで2名、夕方から深夜が2名だったのですが、早朝の部に欠員が出たため3名で分担していました。

 

もちろん夕方から1名とは言え早朝の部のフォローや夕方の部にも補佐的な人材がいたのでしばらくは問題なく上手く行っていました。

 

しかしながら、負担が大きいと言う事でもう一人夕方の部の責任者に昇格させる話が持ち上がりました。

 

候補に挙がった数名のうち、条件的に可能な人物が1名に絞られました。

 

その方は、私より20歳近く離れている方で気分やな部分があり仕事上の付き合いとは言えやりにくい事も何度かあったので個人的にはあまり賛成したい人材ではありませんでした。

 

その方に、昇格の話がいってからは非常にやる気を出し、私をないがしろにしてかなり強引に事を進められたりと問題も多く、他のパートさんなどからの批判やクレームが次々に舞い込んで来る毎日にとうとう気を病んでしまいました。

 

これがキッカケで体調がおかしくなり数日休んでいる間に、私が責任者と言わんばかりにやりたい放題でした。

 

復帰して、責任者候補の方のことが許せない気持ちが日に日に大きくなり我慢していたのですがとうとう過呼吸で倒れてしまいました。

 

病院で診察後一旦休職することになりました。

 

休職中は、家でぼーっとしていたり、結婚して家庭に入った友人とお茶をしたり読書をして過ごしましたが、職場の事はいつも気がかりでこうしている間にも責任者候補の方が我が物顔で仕切ってると思うと悔しくて涙が出たりもしました。

 

気がめいってネガティブな事ばかり考えてしまったり、精神的に不安定で涙が止まらなかったり、突然気がついたら近所の川に入っていたりと言う事もあったので、できるだけ家族や友人のいるところで過ごすように気をつけました。

 

復帰したら責任者候補がいなくても大丈夫だと証明できるほど頑張るという気持ちと、こんな事になってもう居場所がないのではないかという気持ちが代わる代わる浮かんでは消えていました。

 

仕事以外でもネガティブに考える事が多く、どうしていいかわからず焦る気持ちも多かったと思います。

 

こうした同じような悩みを抱えている方と交流するサイトがあったので覗いてみたり、信頼の置ける方に事情を話し相談に乗ってもらったり、趣味に没頭してみたり改善しようと色々な事をしました。

 

同じように心を病んでしまった方の話を聞くと、とても共感できる方もいましたし、反対に反面教師になる部分もあり自分を見つめなおせました。

 

休職後は悩みましたが、医師の勧めもあり転職することになりました。

 

ストレスの原因が職場によるものが大きかったので、環境を換えるのが一番の近道だといわれました。

 

退職後すぐはやはり職場のことが気になりました。

 

直属の上司には入社してから非常にお世話になっていたので心苦しくもありましたが、今でも相談に乗っていただいたりしています。

 

時間もでき、退職した事で大分心は落ち着きました。

 

その後、徐々に元気を取り戻していったと思います。

 

先生から、散歩などをすると良いと言われていたので朝晩に犬の散歩をしたり、興味がある分野の職業について調べたりして過ごしました。

 

心の中に色々溜め込んでしまうとまたネガティブになってしまうので、身近な人に悩みを相談するようになりました。

 

以前はあまり自分から溜め込んでいることを人に話す事はなかったように思います。

 

口に出すだけでも全然違うんだともいました。

 

同じように心が疲れてしまった方には、頑張りすぎず一旦立ち止まって休憩をしていただきたいと思います。

 

他人から理解されない事も多い鬱病ですが、温かく支えてくれる家族や友達もたくさんいます。

 

無理やりでも気力を奮い立たせて、歯を食いしばってでも頑張る事も時には必要ですが、同じように少し休憩する事も大切な事だと思います。

スポンサーリンク

関連ページ

鬱病になった時には勇気を持って早く休職するべきです
とにかく早く気付いて、しっかり休むこと
看護師ですが鬱病になり休職しました
私でも鬱病になってしまった体験談
休職の後は、復職しましたが、退職してしまいました
職場環境と元々の性質から鬱になって
鬱と仕事
無理しないことが一番
鬱病になりました
鬱病になって人生が変わったこと
仕事を鬱病で休職することになった体験について
私が鬱で休職した経験
気付けば鬱になっていた
初めての就職。初めての介護。初めての退職…
過酷な営業プレッシャーでうつ病に・・・
鬱での休職経験について
仕事のコミュニケーション不足から鬱病になりました
もうダメだからの復帰
人間不信による鬱を経験しました
うつ病で仕事を休職する人へ
うつ病になった経緯
迷わず病院に行くのが早く治ります
休職から転職へ〜私のうつ病体験記
1ヶ月の休職経験
上司との闘い
接客業中の鬱
医薬品営業の鬱病
うつ病になっても焦らないでください
直感を信じるストレス対策
うつ病が変えた私の人生
入社5ヶ月での休職、そして復帰
鬱病の夫と過ごして、後悔していること
薬の服用状況を確り確認しましょう
プログラマーの鬱病
うつ病にサインはありませんでした
休職のすすめ
うつは早めの対応で必ずよくなります
焦らないで、ラフに生きましょう!
うつ病の解決策は絶対にある!
病気は不思議なものです ちょっとしたことで立ち直ります
只今、鬱病で休職中です
休職中は、出来るだけ1人にならないように
鬱からの脱却
経理から、バスの運転手に。メンタルの負担がなくなりうつも改善
休職、職掌転換、退職もひとつの選択肢
そんなに精神的には疲れていないと思っていた

トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上