うつ病 休職 体験談

薬の服用状況を確り確認しましょう

【うつ病の症状・治療体験談】:薬の服用状況を確り確認しましょう

プロフィール: JKさん、35歳男性、IT、20代の時に1ヶ月間休職

 

私が鬱病になったのは、仕事での厳しい納期へのプレッシャーが原因でした。 といってもそれだけが原因ではなく、幾つかの事案が平行にすすみ頭の中がパンク状態だったのだと思います。

 

そんなパンク状態の中、タイトスケジュールの重要な納期が重なり、無理をして徹夜作業を決行しました。 その徹夜を皮切りにその後2〜3日不眠症になり、自分でも自覚できるレベルの鬱状態となりました。 自覚ができたので、病院へ診断を受けたところ、1ヶ月仕事を休むようにドクターストップが掛かりました。

 

その当時、彼女がいて賃貸マンションで半同姓生活をしていたので、休職中は実家とマンションをいったり来た入りして 気の許せる人とだけ接触し、安泰な生活をすごしました。 休職中の生活でも特に気をつけていたのが睡眠です。もともとの発病の発端も徹夜でしたので、医者からも十分な睡眠をとることを進められていましたし、睡眠導入剤も処方して頂いておりました。 とにかく、ネガティブなことは考えないようにして、自分の欲求を満たすことだけに専念しました。

 

とはいえ、休職中は仕事を休んでいるので、傷病手当という少量の収入しか見込めなかったため、本当の意味での安息という状況にはなれず、お金のことや今後のことで、不安はぬぐえませんでした。 私にとっては休職することも不安材料の一つであったため、会社側に理解してもらい、リハビリ期間として仕事に復帰させてもらいました。勿論、通常業務なんてことはとてもできなかったので、雑務的なものをやらせてもらい徐々に社会復帰していきました。

 

休職終了後、周りにも気を使ってもらい、自分自身でも無理はしないよう勤めましたが、いつまで病人扱いでいいのか、いつから自分自身フルパワーをだしていいのかにはかなり悩みました。 その後時が経ち、自分の中ではほぼ完治と認識したため、かなり仕事に遊びに全力を注げるようになりました。というかなったつもりでした。

 

周りにも徐々に完治状態であることが伝わり、指示される仕事も通常の内容へと変化していきました。通常の業務であれば問題なくこなせていたある日、会社からの仕事への要求が徐々に厳しくなり、気をつけていたつもりだったにも可かわらず、再度鬱状態が発生してしまいました。その時は休職ではなく退職の道を選びました。

 

鬱病の経験があるかた、鬱病経験のある部下を持つ方には十分理解しておいて頂きたいのは再発の可能性です。 鬱病の患者は抗うつ剤を服用していることが多いので、一見完治しているように思えても、実際は薬の効果でテンションが上がっていることが十分に考えられます。通常業務に復帰する、させるのであれば、薬の服用状況も十分に確認して再発しないタイミングを考えて頂くことをオススメいたします。

スポンサーリンク

関連ページ

鬱病になった時には勇気を持って早く休職するべきです
とにかく早く気付いて、しっかり休むこと
人間関係からの精神的疲労
看護師ですが鬱病になり休職しました
私でも鬱病になってしまった体験談
休職の後は、復職しましたが、退職してしまいました
職場環境と元々の性質から鬱になって
鬱と仕事
無理しないことが一番
鬱病になりました
鬱病になって人生が変わったこと
仕事を鬱病で休職することになった体験について
私が鬱で休職した経験
気付けば鬱になっていた
初めての就職。初めての介護。初めての退職…
過酷な営業プレッシャーでうつ病に・・・
鬱での休職経験について
仕事のコミュニケーション不足から鬱病になりました
もうダメだからの復帰
人間不信による鬱を経験しました
うつ病で仕事を休職する人へ
うつ病になった経緯
迷わず病院に行くのが早く治ります
休職から転職へ〜私のうつ病体験記
1ヶ月の休職経験
上司との闘い
接客業中の鬱
医薬品営業の鬱病
うつ病になっても焦らないでください
直感を信じるストレス対策
うつ病が変えた私の人生
入社5ヶ月での休職、そして復帰
鬱病の夫と過ごして、後悔していること
プログラマーの鬱病
うつ病にサインはありませんでした
休職のすすめ
うつは早めの対応で必ずよくなります
焦らないで、ラフに生きましょう!
うつ病の解決策は絶対にある!
病気は不思議なものです ちょっとしたことで立ち直ります
只今、鬱病で休職中です
休職中は、出来るだけ1人にならないように
鬱からの脱却
経理から、バスの運転手に。メンタルの負担がなくなりうつも改善
休職、職掌転換、退職もひとつの選択肢
そんなに精神的には疲れていないと思っていた

トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上