うつ病 休職 体験談

焦らないで、ラフに生きましょう!

【うつ病の症状・治療体験談】:焦らないで、ラフに生きましょう!

プロフィール: M.Cさん、30代女性、会社員、30代の時に4ヶ月間休職

 

地元では最大規模の企業で、総合職として約10年、働いてきました。仕事内容は、広報誌制作等が主な内容です。一人で広報誌の全体構成を決め、特集企画のテーマを考え、取材先を選定・取材依頼を行いインタビュー、誌面制作、その他ページの企画・制作も手がけてきました。

 

会社の人たちからは「明るくて社交的」と評されていたわたしですが、本当は引っ込み思案で人見知り。知らない人と話すのは確かに苦になりませんが、社内の人たちとコミュニケーションをとるのはあまり好きではなく、制作の過程で他部署と連携をするのを苦痛に感じていました。

 

いつの頃からか、仕事ができる日とそうでない日、できる時間とそうでない時間の差が大きくなってきて、いつの間にかPCを前に手も頭も動かなくなったり、意味もなく涙が出てきたり、ちょっとしたことで情緒不安定になって泣いたり、怒ったりするようになりました。

 

これはやばいな、と思ってメンタルクリニックを受診して、そこから休職に入るまで約2週間。体重は5kg落ちて30kg台に、食事もとれず、体を起こすだけでも息切れするようになりました。

 

休職に入ってからしばらくは、あまり覚えていませんが、睡眠導入剤でひたすらベッドで寝ていました。お昼頃起きて、ハーブティーを飲んで、また横になって、そんな日を続けていました。何もしないことはとても不安で、どうしても焦ってしまいますが、今思えば、あそこで十分放電できたことが、早期回復の鍵だったように思います。とにかく会社のことを考えないように、特に気をつけていました。少しでも考えると、申し訳なさや不安が襲ってくるからです。復帰できるのかな、とは一度も思わなかったのが不思議ですが、恐らく考える余裕もなかったのだと思います。そして少しでも明るい気分になるよう、身の回りには優しい明るい色のものを置くようにしました。休職から復帰してからは、しばらくは短時間勤務をさせてもらいました。特に異動もなく、復帰後2年間、元の部署で同じメンバーで同じ仕事をして、とても歓迎してもらったことを嬉しく覚えています。

 

休職後は、少し他人に優しくなったように思います。それまでは仕事ができない人に対して、どうして?と思っていたのですが、できない人もいるんだ、もしかしたらそれは自己防衛なのかもしれない、と考えるようになりました。周囲の環境は特に変化はありません。復帰後も1年間は産業医との面談がありましたが、順調に回復していますね、と言ってもらえました。ただ、わたしは復帰後にかなり飛ばしてしまって、またムラが出てきてしまったので、もう休職してブランクができてしまったのだから、その延長、くらいに構えて、決して無理はしないでください。

 

休職中、職場の人たちはあなたのことを首を長くして待っています。それをプレッシャーに思うのではなく、帰れる場所があるんだ、と安心材料にして、大きな心で、ラフに考えてみてください。うつ、と、ラフ。似てませんか?うつのわたしたちに必要なのは、ラフになること、だとわたしは思っています。

スポンサーリンク

関連ページ

鬱病になった時には勇気を持って早く休職するべきです
とにかく早く気付いて、しっかり休むこと
人間関係からの精神的疲労
看護師ですが鬱病になり休職しました
私でも鬱病になってしまった体験談
休職の後は、復職しましたが、退職してしまいました
職場環境と元々の性質から鬱になって
鬱と仕事
無理しないことが一番
鬱病になりました
鬱病になって人生が変わったこと
仕事を鬱病で休職することになった体験について
私が鬱で休職した経験
気付けば鬱になっていた
初めての就職。初めての介護。初めての退職…
過酷な営業プレッシャーでうつ病に・・・
鬱での休職経験について
仕事のコミュニケーション不足から鬱病になりました
もうダメだからの復帰
人間不信による鬱を経験しました
うつ病で仕事を休職する人へ
うつ病になった経緯
迷わず病院に行くのが早く治ります
休職から転職へ〜私のうつ病体験記
1ヶ月の休職経験
上司との闘い
接客業中の鬱
医薬品営業の鬱病
うつ病になっても焦らないでください
直感を信じるストレス対策
うつ病が変えた私の人生
入社5ヶ月での休職、そして復帰
鬱病の夫と過ごして、後悔していること
薬の服用状況を確り確認しましょう
プログラマーの鬱病
うつ病にサインはありませんでした
休職のすすめ
うつは早めの対応で必ずよくなります
うつ病の解決策は絶対にある!
病気は不思議なものです ちょっとしたことで立ち直ります
只今、鬱病で休職中です
休職中は、出来るだけ1人にならないように
鬱からの脱却
経理から、バスの運転手に。メンタルの負担がなくなりうつも改善
休職、職掌転換、退職もひとつの選択肢
そんなに精神的には疲れていないと思っていた

トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上