うつ病の兆候・前兆

うつ病の兆候・前兆

うつ病の兆候・前兆

大切なことはうつ病の前兆や兆候を見逃さないこと

10人の人間が居れば1人はうつ病患者と言われる程、身近な病気となった現在、大切なことはうつ病の前兆や兆候を知り、そのサインを見逃さないことです。

 

うつ病の前兆にはどのようなものがあるのか、以下で紹介したいと思います。

  1. 特別なことをしたわけでもないのに疲れている
  2. 朝、布団から出ることが苦痛で体を起こすのがキツイと感じる
  3. 頭がボーっとしていて靄がかかったような感じがする。物事を考えることができない。
  4. 自分から何かをしようと思わなくなった

以上のような症状は、見逃しがちですがうつ病の前触れであることが少なくなく、本人もただの「疲れ」だと思い込み発見が遅れることが少なくありません。

 

疲労が蓄積されて生じる場合もありますが、いずれの場合も休養やストレスを溜めない環境を作ることが大切です。過度な疲労もうつ病の発症リスクを高めるため、ご自分の体がいつもの調子ではない時や、症状が改善されない場合は早期に医療機関の受診をお薦めします。

 

うつ病の兆候を感じたら

うつ病の兆候だと自覚したら、早急に医療機関の受診をすることが大切です。うつ病は、早期で治療することは短期間で治療できることと、再発のリスクも低いというデータがあります。

 

社会生活への支障が懸念されるこの病気は、長期間の休養を要する場合や、社会生活に制限を受ける可能性もあります。このことから、自宅で服薬と休養で治療できる段階で対処することで、生活への支障も最低限で留めることができます。

 

また、「うつ病かな?」と思ったら、しっかりとした睡眠と休養、無理のない生活を心がける必要があり、周囲の事にとらわれずご自分の体を労わることが大切です。社会生活を営むには、ご自分の体が資本です。

スポンサーリンク


トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上