うつ病と頭痛

うつ病と頭痛

うつ病と頭痛

うつ病による頭痛の原因

うつ病の患者さんの5割以上の人に表れるとうい症状が「頭痛」です。この他にも、肩コリや胃痛、腰痛等が表れるかたもおられますが、うつ病が原因で身体のあらゆる場所に痛みを感じることがあります。

 

その原因は、脳内のホルモンバランスの低下で気分が落ち込んだり、やる気が起きなくなったりすることがうつ病の原因になりますが、ホルモンの影響で痛みを強く感じることもあります。それがうつ病による頭痛の原因とされています。

 

頭痛をはじめとする痛みの感じ方や程度は個人差が大きく、頭痛が酷くて立っていることが難しいという程の方や、24時間痛みが続いているという方等、様々な形で痛みがあらわれます。

 

うつ病の治療と頭痛の治療

さて、上述した通り、うつ病の患者さんの多くは頭痛を感じているのですが、その治療は多くの場合抗うつ剤を使うと緩和されます。うつ病の治療薬である抗うつ剤は脳内のノルアドレナリンを増加させる働きがあり、これが作用することでうつ病による症状が緩和されるのと同時に頭痛も緩和されます。

 

気分を安定させることと頭痛とは精神的な問題と内科的な問題のように捉えられがちですが、うつ病の症状である頭痛はホルモンバランスを高めることで改善されることが多いようです。また、ホルモンのバランスを安定させる為には、薬物療法だけではなく、規則正しい生活もその働きを助けます。

 

規則正しい生活は、栄養バランスの整った食生活、質の高い睡眠、適度な運動、日光浴を行うことはホルモンバランスを整え、健康的な体を作ることができます。また、これは、うつ病の治療だけではなく、うつ病を予防することにも繋がり、日頃から心がけると良いでしょう。多くの体の不調には生活習慣が関わっていることも少なくなく、健康的な体を作る為には必要不可欠です。

スポンサーリンク


トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上