うつ病とイライラ

うつ病とイライラ

うつ病とイライラ

イライラすることもうつ病の症状の1つ

うつ病と言えば、落ち込んで引きこもりがちなイメージを多くの方が抱いていると思いますが、イライラして時には感情を抑えられず、攻撃的になってしまうこともあります。

 

うつ病を発症すると、イライラしてしまう原因はその症状にあります。考えがまとまらなかったり、思うように体か動かなかったり、気持に余裕がないことがその原因になってしまいます。一日中、頭に靄がかかったようにボーっとしていて、やらなければならない仕事に身が入らない時誰だってイライラしてくるでしょう。

 

また、スケジュールがいっぱいだけど、身体が重くて思うように動けない時だってイライラする人は多いのではないでしょうか。うつ病は目に見えない病気ですが、多くの人が「嫌だな」、「不快だな」と思うような症状を常に感じていいなければならないのです。イライラしてしまうのもおかしくないでしょう。

 

気分が安定している時は、そのようなことはなく落ち着いて過ごせるので、リラックスして過ごせる方法を探すことや、医師に相談し薬を調整してもらうのも1つの手段だと思います。

 

イライラへの対処

気持ちが落ち着かずにイライラした時、どのように対処したら良いのでしょうか。まずは、医師に相談することが大切です。薬でコントロールすることも可能ですが、時には使っている薬の副作用としてイライラが出現することもあるので気になる症状は、うつ病の症状なのか若しくは薬の副作用なのかと言う点で確認し対処することも大切です。

 

また、きちんとした睡眠がとれていない場合もイライラの原因になるので、ご自分の睡眠の質についてもチェックする必要があります。その他、読書やテレビや映画の鑑賞等、ご自分が落ち着く方法があれば試みてみると良いでしょう。

 

ストレスの発散方法は人それぞれ異なります。一般的にストレス解消に良いとされていることでも、自分にとっては逆にストレスがかかることも考えられます。無理のないようなご自分にあったストレスコーピング行うことが大切です。

スポンサーリンク


トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上