うつ病は攻撃的になるのか

うつ病は攻撃的になるのか

うつ病は攻撃的になるのか

従来型のうつ病と新型うつ病

従来型のうつ病は、気分が落ち込むことや、倦怠感、疲労感が強く体を思うように動かすことができないことや、悪化すると自殺企図を抱くこともあるということで多くの方に知られてきましたが、うつ病にも従来型に当てはまらないタイプのうつ病があります。

 

うつ病という症状でも、従来型とは異なり、特定の季節だけに表れる季節性のうつ病や新型うつ病という近年の若い人に増加しているタイプのうつ病もあります。新型うつ病と呼ばれるタイプのうつ病は、従来型のうつ病の症状と類似の症状と反対の症状を併せ持つことが特徴であり、まだ理解の乏しいタイプのうつ病です。

 

攻撃的な一面を持つうつ病

前述した通り、新型うつ病と従来型のうつ病の症状は異なる部分もあります。従来型のうつ病は、自分がうつ病であることを隠すことや、自罰的な面があることが特徴なのですが、新型うつ病の症状は「自分がうつ病であることを隠さない」、「他虐的」であることが特徴と言われています。その症状から、周囲に対して攻撃的になったり、言葉遣いが荒くなったりすることから「最近、気性が荒い」等と周囲が感じることも少なくありません。

 

新型うつ病は、多くの人が知っているうつ病の症状とことなる為、周囲からは「本当にうつ病なの?」と疑われることもありますが、仕事に行く時や嫌な会議がある時などには、著しくその症状が出て本人にとっては非常に辛いものとなります。

 

周囲の方は、無理なく仕事やプライベートな付き合いができるような接し方が必要です。接し方については、相手を否定しないことが大切であり、攻撃的な面に対しても感情的にならずに冷静に落ち着いて話を聞く姿勢を持つことが必要です。

 

関連ページ:新型うつ病(非定型うつ病)

スポンサーリンク


トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上