うつ病の症状への対処方法

うつ病の症状への対処方法

うつ病の症状への対処方法

うつ病との上手な付き合い方

自分自身がうつ病を発症してしまったら、上手に付き合っていくことがポイントです。「うつ病になってしまった」と残念な気持ちになる方も少なくないと思いますが、誰がなってもおかしくない病気であり、治療と再発予防に努める必要があります。

 

うつ病は「頑張りすぎない」、「我慢しない」、「考えすぎない」ことが大切です。物事がうまくいかないことや、思考が停滞してしまうという症状はうつ病を発症するとよくあることで、そのような症状がある場合は無理をせずに休息を取ることが大切です。

 

体を休めることがうつ病の一番の治療法であり、しっかりとした睡眠を取りましょう。また、「できるだけ人と関わりたくない」、「休みの日は1人でいたい」という場合も、無理に出かけるのも精神的に負担がかかってしまうので、上手に断ることも必要です。

 

うつ病を発症しやすい人は、真面目で几帳面で神経質な人が多く、頼まれたら断れない方や、物事を最後までやり通さないと気が済まない方が多いのですが再発させないためにも自分自身で気をつけなければなりません。

 

社会生活での対処方法

うつ病の症状に対処する方法は、初期症状を知ることが大切です。最初に出る、倦怠感や睡眠障害、疲労感、頭痛等の症状がある時や内科的治療を行っても改善されない場合は「うつ病」を疑う必要があります。

 

とにかく、初期の段階でも「おかしいな」と感じたら医療機関を受診し治療することが大切です。また、学校の先生や職場の上司等にもそのような症状があることを相談し、対応をしてもらうことも必要です。周囲の環境を整えることで安心して休養することができるのではないかと思います。また、無理なくできる仕事や部署に配属してもらう等で、できるだけ職場に支障をきたすことなく、自分の体を守ることに努めましょう。

スポンサーリンク


トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上