うつ病になりやすい人の特徴

うつ病になりやすい人の特徴

うつ病になりやすい人の特徴

うつ病になりやすい人、なりにくい人には性格面に特徴があります。

 

うつ病になりやすい人はどの様な特徴があるかを紹介します。

 

うつ病になりやすい人

うつ病になりやすい人は以下の様な人です。

 

几帳面で真面目な人

几帳面で真面目な人(悪く言えば頑固な人)、完璧主義者や責任感が強く何事も一生懸命に取り組む人はうつ病になりやすいと言われています。何事にも全力で取り組もうと考え、自分自身を追い詰めてしまいます。

 

言いたい事が言えない人

感情表現が上手く出来ず、頭で考えている事を口に出せない人や、誰かに何かを頼まれると断れない人はうつ病になりやすいと言われています。

 

仕事を他人に任せられない人

自分に与えられた仕事を自分だけで完璧に仕上げようとする人は自分自身を追い詰めてしまう為、うつ病になりやすいと言われています。

 

道徳心が強い人

少しでも間違った事を許せない人は、自分がミスを犯した際に自分自身を責め立ててしまい、うつ病になってしまう場合があります。

 

融通が利かず、臨機応変に対応出来ない人

予め決められた事以外の事を許せない、または出来ない人は、頭に柔軟性が無く、周囲の変化に対応出来なくなり、対応出来ない自分自身を責めてしまう事によってうつ病になってしまう場合があります。

 

他人の評価が気になる人

他人から自分がどう見られているかを常に気にしている人は、些細なミスを犯した際に自分自身を責め立ててしまい、うつ病になってしまう場合があります。

 

以上の項目に当てはまる性格をしている人は、自分の性格を見直し、多少の間違いを起こしてしまっても自分自身を責め立てない様に心掛ける必要があります。

 

時間や規則を守らない、もしくは守れない人や、嫌いな仕事は他人に任せて自分の好きな仕事だけを行う人はうつ病になりにくいと言われています。それはあまり良い事ではありませんが、うつ病を防ぐ為には多少考え方を柔軟にする必要があります。

スポンサーリンク


トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上