うつ病になるきっかけ

うつ病になるきっかけ

うつ病になるきっかけ

うつ病になるきっかけは人それぞれ違いますが、共通点として挙げられるのは、精神的に過度なストレスを受けた事によって発症するという事です。

 

発症するきっかけについて紹介します。

 

うつ病を発症するきっかけ

うつ病を発症する場合、自分自身に問題が生じた事によるストレス、人間関係に関するストレス、環境の変化によるストレス等、心や体に刺激や負荷がかかる事がきっかけとなります。

 

元々様々なストレスを溜め込んでいる状態で、きっかけになる出来事が起こった際に、膨らんだ風船に針を刺すと割れる様に、うつ病が発症します。

 

きっかけになる出来事としては、以下の様な物があります。

  • 病気や怪我等の身体的なダメージ。
  • 子供の独立、結婚。
  • 仕事に関する失敗、失業、挫折。
  • 近親者との死別。恋人との離別。恋愛関係の不和。
  • 結婚、出産、離婚、転校、転職等の環境の変化に対するプレッシャー。

これらがきっかけとなり、うつ病を発症してしまう事が多いです。

 

もし何か大きな出来事があり、それ以降体調がすぐれない状態が1ヶ月以上続く場合は、精神科や心療内科を受診する事をお勧めします。

 

うつ病を発症するまでに抱えるストレス

うつ病はまず、環境に因るストレスもしくは身体的なストレスが溜まった状態で、きっかけになる出来事が起こると発症します。

 

うつ病の原因になるストレスは、以下の様な出来事で抱えてしまいがちです。

  • 仕事や財産が無くなってしまい、生活が困窮してしまっている。
  • 人間関係や仕事関係でトラブルを起こしてしまった。
  • 家庭内で問題が起こっている。
  • 慢性的な疲労を感じている。体をリラックス出来る時間が少ない。
  • 脳血管障害が起きてしまった。
  • 感染症、癌、甲状腺機能の異常といった病気が発症してしまった。

うつ病を防ぐには、まずは日常生活で抱えているストレスを上手く解消する必要があります。何らかの病気の場合は適切な治療を受け、人間関係等で問題が起こっている場合は早急に解決する様にしましょう。また、適度に体をリラックスさせる時間を作ったり、ストレスの解消法を探しておき、出来るだけストレスを溜め込まない様にする事が、うつ病を防ぐ為に必要です。

スポンサーリンク


トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上