うつ病の身体症状

うつ病の身体症状

うつ病の身体症状

うつ病になると様々な精神症状のみではなく、身体症状も現れる事が多く見られます。

 

身体症状は、治療により精神症状が改善していくと共に症状は軽くなります。

 

うつ病になると発生しやすい身体症状を紹介します。

 

うつ病で発生する身体症状

うつ病は体のいたるところに問題症状を起こします。

 

睡眠障害

睡眠障害はうつ病の人は殆どの人が経験する症状です。中々眠れない、眠っても短時間で目が覚めてしまう、普段よりも朝早く起きてしまう(早朝覚醒)という症状が8割程度、長時間寝ても寝足りないという症状が2割程度の割合で起こります。

 

食欲減退

食欲不振はうつ病になった人が感じる頻度が高い症状です。何を食べても味を感じなくなり、砂を食べている様な感覚になり、自然に食欲が無くなり、義務的に食事を摂る様になってしまいます。それに伴い体重も減少してしまう場合があります。

 

全身の倦怠感

うつ病になると、特に激しい運動をしていないのにも関わらず、体が重く、だるいといった症状が起こります。睡眠を十分に取っても疲労感を感じてしまいます。また、だるさや疲労感は特に午前中に強く感じますが、午後になると多少軽減するという特徴があります。

 

その他の身体症状

人によっては運動をしていない状態でも動悸や発汗現象が起こる場合や、めまい、体のしびれ、口の渇き(治療薬の副作用の可能性もあります)、胸部の圧迫感、頭重(頭が重い感じがする)、頭痛、便秘、下痢、腹痛、腹部の膨満感、吐き気等が起こる場合があります。また、性欲も減退する場合があります。

 

身体症状は精神科や心療内科での投薬治療を受けていれば次第に軽減していきますので、焦らずに治療を受けましょう。また診察の際に、身体症状で気になる事があれば医師に相談しましょう。症状に合わせて適切な薬を処方してもらえます。

スポンサーリンク


トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上