うつ病は太るのか

うつ病は太るのか

うつ病は太るのか

うつ病になってから太ってしまったという人は少なくはありません。うつ病自体は太る病気ではありませんが、うつ病になってしまった状態での生活面と薬に太る原因はあります。

 

うつ病によって太る原因

うつ病になる事で太るのには、以下の事が原因であると考えられます。

  • うつ病によって運動をしなくなった。
  • 自律神経が乱れ、満腹中枢が正常に機能しなくなった為に過食してしまった。
  • 抗うつ薬等の薬の副作用が起こった。

うつ病はセロトニン等の脳内神経伝達物質の働きに問題が生じる事によって引き起こされる病気です。セロトニンの働きが弱くなると、様々な事に対して活動する意欲が失われ、今まで運動を頻繁に行っていた人は運動をしなくなります。それがまず太る原因と言えます。

 

また自律神経の乱れが起こり、満腹中枢が正常に機能しなくなった為に、つい過食をしてしまう事で、より一層太りやすくなります。

 

主に考えられる、太る原因は以上の二つですが、もう一つ原因として挙げられるのが、抗うつ薬や抗不安薬、SSRI等の薬の副作用です。

 

うつ病になるとよく処方される薬には脳内のヒスタミン受容体を遮断する副作用があります。(これを「抗ヒスタミン作用」と呼びます)ヒスタミン受容体が遮断されると食欲が増加します。

 

それと同時にグレリンという食欲促進ホルモンの分泌が促進されるという副作用もあります。グレリンには体脂肪の利用抑制作用がある為に、体重が落ちにくくなります。

 

また抗精神薬の一種である「ジプレキサ」は体の脂肪を燃焼傾向から貯蓄傾向に変える為に、日本で使用できる抗精神薬の中では最も体重が増えやすいと言われています。これは主に統合失調症の人に処方される薬ですが、うつ病が起こす症状によっては処方される場合があります。

 

以上の理由から、うつ病になってしまった場合は、辛い状態ではありますが生活習慣と食習慣を見直す必要があります。人によってはうつ病になった事により30kg以上も体重が増加し、その事を悩んだ為にうつ病が悪化したり、太る事を恐れて拒食症になってしまう場合もあります。

 

うつ病の症状が良くなり、回復期に入ったら、無理をしない程度に少しずつ運動を始める様にしましょう。回復期になると処方される薬の量や種類が少しずつ減っていく為、運動も行えば、太ってしまったとしても体重を落とす事が出来ます。

スポンサーリンク


トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上