うつ病で朝が辛い

うつ病で朝が辛い

うつ病で朝が辛い

うつ病になると朝が大変辛い状態になります。

 

朝になるとどの様な症状が起こるかを紹介します。

 

うつ病の人が朝を迎えるとどうなるか

うつ病の典型的な症状として日内変動というものがあります。日内変動とは一日の中で症状が変わっていくもので「朝は調子が悪く、夕方になるにつれて改善する」というものです。

 

うつ病になると、朝は以下の様な状態になる事が多いです。

  • 目が覚めても体が重く感じ、中々起きられない。
  • 不安や悲しみ、絶望感といったマイナスな感情を抱く。
  • 体が非常にだるい、何事もやる気が起きない。
  • 頭が回らず、仕事が上手く出来ない。
  • 自殺や自傷について考えてしまう。または実行してしまう。
  • 頭が重い。体の何処かが痛い。肩こりが起こる。
  • 胃腸の具合が悪く、吐き気や胃の痛みが起こる。下痢、もしくは便秘になる。
  • 目が疲れている様に感じる。耳鳴りがする。

以上の症状は時間が経つにつれて少しずつ改善して行き、夕方になると普通に仕事や生活をする事が出来る様になります。その為、朝の状態がうつ病の改善具合の指標の一つとなります。

 

うつ病の日内変動により、夜になると元気になる為「仕事に行きたくないだけではないか」「学校に行きたくないだけではないか」と誤解をされる場合があります。また、自分自身でも「ただ自分は甘えているだけではないだろうか」と悩んで自分を責めてしまう人も居ます。

 

しかし日内変動はうつ病の症状の一つである為、決して甘えではありません。その為、調子が良い夕方以降でも精神科や心療内科で処方された薬をしっかりと飲み、「調子が良いから」といっても夜更かしせずに、自分で決めた時間にしっかりと就寝する必要があります。

 

うつ病の治療を受け続け、症状が改善していくと、自然に朝の辛い気分や体調不良は無くなって行きますので、しっかりと治療を受けましょう。

スポンサーリンク


トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上