うつ病の治療期間

うつ病の治療期間

うつ病の治療期間

うつ病の平均的な治療期間

うつ病は個人の性格によっても症状は異なり、その治療に要する期間も人それぞれことなります。目に見えない病気だと言うことで、周囲の理解を得にくいこともあり、無理をして治療を中断して仕事に復帰してしまったり、服薬を中断したりという方も少なくありません。

 

しかし、このような場合、治療期間が長引くだけではなく、再発のリスクも高まってしまいます。うつ病の平均的な治療期間は半年だと言われています。しかし、平均が半年であっても、人によっては3カ月で職場に復帰できる人もいれば、1年経っても症状を繰り返し、社会復帰することができないという例も少なくありません。

 

うつ病は、治療し、社会復帰しても再発のリスクがある病気であり、しっかりとした治療を行い再発予防に努める必要があります。

 

治療のきっかけ

うつ病は早期に発見し、治療することで予後が良好だと言うことが知られています。しかし、うつ病の初期症状は痛みを伴わないことでなかなか医療機関への受診に辿り着きません。

 

不眠や食欲不振、倦怠感、疲労感、イライラ等の症状が出現しても本人にしかわからず、受診に至りませんが、周囲に遅刻が多くなった方や、仕事の能率が悪くなった方、表情がなく、コミュニケーションが取りにくくなったと言う方がおられる場合はうつ病を疑う必要があるかもしれません。

 

医療機関への受診に繋げるにはきっかけが必要です。職場や家族に「うつ病かな?」と思うような方が居られるのであれば、治療を勧めることが必要です。1つのきっかけが早期の発見となり、円滑な治療と良好な回復に繋がるのです。また、初期の段階で治療に辿り着けば社会生活への支障も最低限で留めることができます。

スポンサーリンク


トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上