うつ病の薬の副作用

うつ病の薬の副作用

うつ病の薬の副作用

うつ病の治療に使われる薬の副作用

うつ病の治療には抗うつ薬や抗不安薬というような精神症状を緩和する薬が使われますが、副作用が出る場合があるので服薬中の車の運転や機会の操作を行ってはいけません。

 

そのため、そのような業務に携わる仕事をしている方は、上司に相談し業務の変更を行うなりの配慮してもらう必要があります。

 

関連ページ:うつ病の薬

 

薬の副作用の症状

抗うつ薬の副作用には、便秘や口渇が主な症状です。また、眠気の症状や注意力の低下や思考の停滞等もあるので服薬中はなかなか物事が手につかないと言う方も少なくありません。

 

また、稀に幻覚の症状が出る方もおられ、薬の副作用であるのか、うつ病の症状が悪化したのか不安な症状は医師に確認することが大切です。依存性の少ない薬であっても、妊娠中や授乳中に服用することによって胎児に支障をきたすこともあるので妊娠している場合には申し出を行い、治療を見直す必要があります。

 

イライラを抑制する抗うつ薬や向精神病薬はホルモンを刺激し太ることがあります。全ての人に当てはまるわけではありませんが、およそ1割の人が薬の副作用で太ったという経験をしているようです。

 

薬の種類によっては吐き気や頻尿を伴う等もあり、薬の副作用が出ると、不快に思う人も多いようですが、処方された薬は正しく服用することが大切です。しかし、副作用が強く出る場合や、諸事情により車を運転しなければならない時等は早めに相談することが大切です。

 

うつ病を発症した人の中には薬の副作用による記憶障害を経験している方もいます。統合失調症やうつ病等の精神疾患で使われる薬には、見当識障害を伴うこともあり、長期間の治療になるとそのリスクは高まる傾向があります。薬にはうつ病を治す効果は期待できますが、副作用を伴うこともあります。そのため、不安に思ったことや気がかりな点、わからないことは相談し1つ1つ解決していくことが大切です。

スポンサーリンク


トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上