うつ病と食事

うつ病と食事

うつ病と食事

うつ病と食事の関係

「うつ病の治療」と言われても、薬による治療というイメージが強い方が多くいらっしゃると思いますが、うつ病にはバランスの良い食事も治療を円滑に進める効果があります。

 

うつ病の原因は個人によってことなりますが、栄養のバランスが取れていないと身体がストレスをためやすくなってしまうということが知られています。

 

ホルモンバランスの乱れ

脳内の神経伝達物質であるセロトニンが不足するとうつ病や睡眠障害というような症状が出やすくなるということがわかっています。また、セロトニンの分泌量が不足することでメラトニンも効率的な生産ができずに睡眠や身体の不調和を起こしてしまいます。うつ病の治療にはセロトニンの分泌を増やし、体内のホルモンバランスをコントロールさせる必要があります。

 

うつ病に効く食べ物

うつ病の原因とされるセロトニンの分泌を高める為にはタンパク質の摂取が必要です。

 

タンパク質が分解され、アミノ酸を生成するので、うつ病の治療にはタンパク質の摂取が良いと言われています。タンパク質は動物性のものもたくさんありますが、肥満の直接的な原因ともなるので牛乳やチーズ豆類から摂取するのが好ましいとされています。

 

また、うつ病の症状には食欲低下というものがありますが、食欲を増進するためのレシピを考えることが必要です。単に栄養バランスの取れた食事ではなく、セロトニンないしはメラトニンの分泌を高める食事を作るのは大変なことかもしれませんが、身近なスーパーで購入できるものばかりなので1日に1食であっても取り入れるのも良いかもしれません。

 

例えば、食事に1品牛乳やチーズを加えることや、サラダに茹でた豆を入れる等、無理なく簡単にできることから始めるのが良いのではないかと思います。

スポンサーリンク


トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上