うつ病に効く漢方薬

うつ病に効く漢方薬

うつ病に効く漢方薬

うつ病と漢方薬

古くから中国で用いられていた漢方薬ですが、日本でも病院でも市販でも手に入れられる身近な薬となりました。漢方薬で治療できる病気は数多くあり、うつ病もその1つです。

 

うつ病の治療では、抗うつ薬や抗不安薬、それに加え、不眠の症状がある方は睡眠薬等が処方されます。うつ病の治療で安全に使えるお薬でも、体質や副作用によっても制限が設けられます。また、1日の服用量も決まっていることが多く、それでも効果が期待できない場合等は漢方薬を使うことで治療の円滑化を図ります。

 

「漢方薬はまずい」「効かない」と思っている方も居られますが、最近では顆粒タイプだけではなく、錠剤もあり以前に比べると飲みやすくなっています。

 

うつ病に効果的な漢方薬

うつ病の治療に使われる漢方薬の種類をいくつか紹介したいと思います。

・香蘇散(コウソサン)…不眠や意欲の低下等の症状に効果があり、風邪にも用いられる身近な漢方薬です。

 

・加味帰脾湯(カミキヒトウ)…動悸や貧血があり、イライラや不安感等の症状がある方には効果が期待できます。他の精神疾患でも用いられる薬で、うつ病の中度の方に使用されることが多い漢方薬です。

漢方薬はうつ病の程度によって使い分けられることもありますが、その程度をみわけることは難しいと言われています。市販でも漢方薬は購入できますが、一度、医師の診断を受けて使用して良い漢方薬については相談することが良いと思われます。

 

うつ病でも、自覚症状だけでは判断が難しいので安易に漢方薬を使うことはおすすめできません。また、漢方薬もお薬ですから、稀に副作用が生じることがあります。軽度のものから重篤な症状が出現する可能性も否定できないので容量や用法を守り使用することが大切です。

スポンサーリンク


トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上