うつ病の改善方法

うつ病の改善方法

うつ病の改善方法

うつ病の改善には、まずは精神科や心療内科で投薬治療(場合によってはカウンセリング)を受ける事が必要ですが、自分自身でも出来る改善方法があれば試してみて、出来るだけ短期間でうつ病を改善したいと思っている人は多いと思います。

 

自分で出来るうつ病の改善方法

精神科や心療内科の医師に「うつ病を早く治す為には何をしたら良いでしょうか」と質問をすると、大抵は「しっかりと薬を飲んで、休んでください。敢えて何もしない方が良いでしょう」と返答されると思います。

 

うつ病の改善には、適切な投薬治療を受ける事と、十分な休養を取る事が必要不可欠です。

 

しかし、うつ病の治療を続けていく内に、今までどんな事にも興味を持てなかったのに、少しずつテレビを見たり、音楽を聴いたりといった事が出来るようになります。その状態になったら、少しずつ生活を変えていく事によって、うつ病の改善を早めるきっかけになります。

 

まず、食事を摂る時間が不規則であった場合、朝昼晩の食事の時間を決め、規則正しく食事を摂る様にしましょう。それに合わせて、処方された薬も決めた時間に飲む様にしましょう。

 

また、体が楽に動かせる様になったら、まずは自宅で出来る軽い運動を始めてみましょう。もし外に出て体を動かせる様であれば、散歩をして気分をリフレッシュさせる事も良いでしょう。ただし、急激に過酷な運動を始めると、逆にうつ病が悪化してしまう可能性がある為、出来る範囲で焦らずに軽い運動をしましょう。

 

他には、自分が好きな音楽を聴いてリラックスする事も良いでしょう。自分がリラックス出来る物であればジャンルは何でも良いです。本が読める状態になったら、読書を始める事もお勧めします。

 

以上の事を行い、自分自身で生活を改善して行く事によって、うつ病の改善を行う事が出来ます。しかし、少しでも辛いと感じた場合は止める事も大切です。自分で決めた事だからと辛くても我慢をして生活を改善しようとすると、かえってうつ病を悪化させてしまいます。

 

うつ病の治療期間が長ければ長い程、早く治したいと思う人は多いでしょうが、焦って行動を起こす事をしてはいけません。出来る事から少しずつ行うようにして、疲れを感じたらすぐに休息を取る事が必要です。

スポンサーリンク


トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上