うつ病と恋愛

うつ病と恋愛

うつ病と恋愛

恋愛が原因でうつ病になることも…

恋愛は一生のうちに誰もが経験するものだと思います。多くの人は、恋愛して結婚して子どもを産んでという理想を抱いているのだと思いますが、恋愛してしまうとどうしても相手に依存してしまうタイプの人も少なくありません。

 

また、必要以上に相手を干渉したり束縛したりすると相手の方となかなかうまくいかなくなることも少なくありません。「この人が居ないとダメ」だと思い込んで依存している場合、急に別れを告げられるとそれを受け止めることができません。

 

また、自分自身が抱いていた感情の行き場を失い、無気力状態になってしまったり、食欲を失ってしまったり、不眠症という症状を引き起こすことさえもあります。人を好きになることは誰にでもあることですが、真面目すぎたり几帳面すぎたりする性格な人ほど、恋愛で傷つきやすくうつ病を発症する原因にも繋がりかねません。

 

恋愛とうつ病

うつ病を発症すると、恋愛をすることを避けてしますという人もいます。「相手に迷惑をかけるから」「理解してもらえないだろう」という思い込みから相手を遠ざけてしまうという方も少なくありません。しかし、うつ病は現在では10人に1人とも言われる時代です。

 

誰が発症してもおかしくない病気なので、理解のある方も少なくないのです。うつ病を発症した過去があるからと言って、消極的になる必要もないのではないかと思います。

 

うつ病の症状が出てしまうと相手への感情がなくなることもあります。病気の症状が出ている時に別れを告げてしまい、回復してから後悔する人だっています。その為、治療中に大切なことを決断することは避けた方が良いかもしれません。また、うつ病のパートナーをお持ちの方は、このことを理解し治療中の発言は慎重に捉えることが大切です。

スポンサーリンク


トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上