うつ病と失恋

うつ病と失恋

うつ病と失恋

失恋してしまうとうつ病になる?

「失恋が原因でうつ病?」なんて思う方もいるかと思いますが恋愛って結婚する前の人々にとっては生活を左右してしまうほど大切なものであり、時間もお金も、エネルギーも何もかも費やしてしまいます。

 

結婚してしまった人はそのようなことがあったのを忘れがちになりますが、その時その時、相手に対して一生懸命尽くしてしまい、頭の中も心もいっぱいになってしまうと言う方も少なくないでしょう。

 

そのような気持ちがある中、「別れ」を告げられると誰もが不安になり、この世が終わってしまったかのような気持ちになるのではないかと思います。失恋が原因でうつ病を発症してしまうケースはそれほど珍しくないものです。

 

失恋でうつ病になってしまうケース

失恋でうつ病になってしまうケースに多いのは、長期間付き合っていた相手と別れてしまった人、生活の中で相手の存在が大きかった人、浮気されていた人があげられます。

 

失恋が原因で落ち込んでいて引きこもりがちになっていても「うつ病」を発症しているなんて思いもせずに、放っておき、悪化させてしまうケースも少なくありません。うつ病を悪化させると、リストカットや自傷行為、自殺願望を抱く等の危険な行為を行うこともあります。

 

「失恋」という多くの人が経験するような出来事でも、個人個人でその恋愛が自分自身にとってどれほどの価値があるのかは本人にしかわかりません。万が一、「うつ病の症状かな?」と思ったら一度、うつ病チェックなどを行い、医療機関の受診のきっかけにすると良いかもしれません。

 

失恋により発症したうつ病でもしっかり治療することで克服することができます。大恋愛に失敗すると、次の恋愛ができないと言う方もおられますが、人それぞれであり、自然と人を好きになって恋愛されている方の方が多いのではないかと思います。

スポンサーリンク


トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上