うつ病と結婚

うつ病と結婚

うつ病と結婚

うつ病になっても結婚したい

結婚願望を抱いていても過去にうつ病を発症したことのある人は不安なことでしょう。

 

他人と家族になるってそう簡単なことではなく、それ自体がストレスになってしまう人もいるでしょう。結婚願望をお持ちの方でなかなか良い縁に巡り会えないという方は結婚相談所を利用されている方も少なくありません。

 

相談所では、自分の経歴や職業、うつ病という病気についても理解を得られる相手を探しますが、「うつ病」という既往歴が原因でなかなか結婚に辿りつけないと言う方も少なくありません。しかし、その中でもうつ病の既往歴があっても結婚に辿り着いた方もたくさんおられるのです。

 

諦める必要はなく、心を許せる相手に出会ったら自分自身の気持ちや病気の対処方法等をしっかり伝え、将来円満な家庭を築けるような土台を作ることが大切です。

 

結婚の壁

うつ病の方や結婚相手がうつ病を発症したことがあると言う方は、本人同士の意思が固まっても家族の反対でなかなか話が進まないと言う方も少なくなく、家族への理解を促すことが必要です。

 

本人たちも同様、家族の不安はうつ病の症状が出た場合の生活はどうするのか、子どもの問題などがあります。本人同士の問題と家族の反対や話合いの結果、結婚できないという方も現実にはおられますが最初から諦めず、前向きに話し合っていくことが大切です。うつ病という病気は珍しいものではなく、誰にでも起こりうることです。

 

昔に比べると理解を得られるようになりましたが、「結婚」ということになると、一生のものであり、後悔しないためにも慎重な判断をすることが大切です。うつ病を発症する可能性のあるパートナーと円満な家庭を築くには第1に再発予防に努めることが大切であり、病気についての知識を共有し、対策等を考えていると万が一の時にも困らないと思います。

スポンサーリンク


トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上