うつ病と離婚

うつ病と離婚

うつ病と離婚

うつ病が原因で離婚できる?

配偶者がうつ病を発症すると家庭の中が暗くなってしまい、生活が上手くいかなくなったと言うケースは少なくありません。また、うつ病の人と暮らしていると自分までどうにかなってしまいそうだというマイナスな意見もたくさんありますが、このような理由で離婚することは可能なのでしょうか?

 

相手がすんなり離婚に応じるのであれば問題ありませんが、そうとは限りません。自分自身が一方的に離婚したい場合、実は、うつ病だけを理由に離婚することは難しいようです。うつ病が原因での調停や裁判は沢山ありますが、これを原因で離婚するにはいくつかの条件を満たす必要があります。

 

うつ病は気分障害に分類されており、それは一生治らないものではありません。一時的にでも安定した時期が戻ってきます。その寛解の状態にある時には円満な家庭生活を営めるのであれば、その原因だけで離婚することは難しいと言われています。

 

うつ病の裁判にはさまざまな判例があり、同じような事例でも判決が異なってきます。そのため、うつ病が原因で離婚できるか、できないかと言われると家庭生活状況や家族構成など、細かなことでも違ってきます。

 

離婚と親権

うつ病の方が離婚しても、精神疾患を抱えているからと言って親権がとれなないわけではありません。うつ病を発症した方でも子どもの親権を取っている方もいます。

 

療育費や慰謝料等の話し合いの末、万が一生活できるレベルにない場合は生活保護を受給して生活している方もおられます。うつ病でも、仕事ができる方や仕事復帰の可能性は高い方、程度はさまざまですが、できるだけ自立した生活を営むことが理想です。しかし、うつ病という病気は頑張りすぎると再発のリスクを高めるため、近くに頼れる人がいる場所で生活することが望ましいでしょう。

スポンサーリンク


トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上