うつ病の恋人への接し方

うつ病の恋人への接し方

うつ病の恋人への接し方

うつ病の恋人へ適切な接し方

うつ病を発症した人と関わるのは非常に難しいと考える方も少なくありませんが、基本的に「人と人」との関わりです。もし、恋人がうつ病になった場合、あなたならどう接するでしょうか?戸惑う方がほとんどだと思いますが、うつ病になってしまっても症状は人それぞれ違います。うつ病を発症し、気力を失ったり、生活のあらゆることができなくなってしまったり、仕事に行くことができなくなったりという症状が出ることがあります。

 

軽度のうつ病であれば、日常生活にあまり支障をきたさないこともありますが、万が一恋人に話しかけても、返事がないことや、話を聞いているのか聞いていないのかもわからないような態度であっても責めてはいけません。本人が思うように身体がついていけないのです。自分の大切な恋人だからこそ期待してしまうのでしょうが、積極的な態度ではなく受け身の態度で接することが大切です。

 

うつ病の症状が出ている方に多いのは、気力がないということです。家のことや身なりが以前よりだらしなくなっていることもありますがあまり指摘することはせずにありのままの姿を受け入れることが必要です。調子が良い時は、一緒に身なりを整えて出かけるのも良いのかもしれませんが、デートを強要するなど、自分の都合に合わせさせるようなことは控えましょう。

 

うつ病の恋人への禁句ワード

うつ病の恋人への禁句ワードは沢山あります。「早く治して」「もっと頑張って」等はもちろん禁句ですが、将来のことについて考える時期には相応しくないので結婚や家族に会う等の話はタブーです。

 

うつの状態では決断を誤ってしまいがちなので症状が落ち着いている時に大切な話をすることをお勧めします。

 

また、忙しいわけでもないのにメールや電話の返信がない時も少なくないでしょうが責めずに待つことが大切です。あまりにも責められたり、何かを強要されるとイライラしたりパニックになったりすることもあり得ます。治療中は、相手の状態をありのまま受け入れる姿勢が必要です。

スポンサーリンク

関連ページ

恋愛
失恋
結婚
離婚

トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上