高校生のうつ病

高校生のうつ病

高校生のうつ病

うつ病は社会人が多く患う病気という認識が高いですが、高校生でもうつ病になってしまう場合があります。

 

高校生は学校での対人関係や勉強に対する悩み、もしくは家庭環境が問題でうつ病を患ってしまう事がある為、状況によっては親が子供の症状を見て、治療を受けさせるべきかを判断しなければいけません。

 

高校生がうつ病になった場合

高校生の場合、親と同居をしている場合が多い為、親は変化を感じやすい立場に居ると思います。

 

高校生の場合でも、うつ病になると大人と同様に、今まで興味があった事に興味を示さなくなったり、不眠状態が続いたりといった症状を引き起こします。しかしまだ10代の子供であるが為に、自分が抱えている症状を上手く表現できず、悲観的になり部屋に閉じ篭る事や、イライラして暴力的になる事もあります。

 

うつ病になる原因として考えられるのが、親の離婚等による家庭内の問題や学校でのいじめ、いじめまで発展しないとしても学校での対人関係が問題である場合が多いですが、高校生特有のうつ病の原因として、高校卒業後の進路や大学受験についての悩みもあります。

 

うつ病を防ぐ為には、まず親が普段から子供の行動を気にかけ、コミュニケーションを取る事が必要となります。高校生(特に男子)になると親とのコミュニケーションを取る事を避ける事が多く見られますが、その場合は無理に近寄ろうとはせずに、悩み事があればいつでも話を聞く、という体勢を取っている事を子供に見せる様にしましょう。

 

そして、もし子供が何か話したい事がある様子があれば、話の途中で批判や注意をする事はせずに最後まで話を聞く様にしましょう。最後まで話を聞いた上で子供が抱えている悩みを解消出来る方法があれば提案をして、問題を自分で解決出来る様に促してあげましょう。

 

高校生の時期になると精神的にデリケートになる子供が多い為、強制的な指導をすると心を閉ざしてしまう事があるので、注意が必要です。

 

出来る限りの事を行っても、子供がうつ病になってしまった場合は、早急に精神科や心療内科を受診させる様にしましょう。精神的な病気で病院に行く事に抵抗感を感じる子供は多いですが、そのままにしておくと悪化してしまうだけである事を伝え、治療を受ける様に促しましょう。

 

高校生のうつ病の場合は大人とは違い、カウンセリングが中心の治療になる場合が多く、投薬治療はその補助的な役割になります。軽度のうつ病であれば家庭環境を変えるだけで症状が改善する場合が多いです。もしカウンセラーに環境を変える様にアドバイスをされた場合は、出来るだけ対応し、子供が生活しやすい家庭環境にする必要があります。

スポンサーリンク


トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上