うつ病 休職 体験談

心が元気になるまで

【うつ病の症状・治療体験談】:心が元気になるまで

プロフィール: Kさん、20代女性、金融機関、20代前半の時に半年間休職

 

私は新卒で金融機関に就職しました。
初めての就職で私はうつ病になりました。
私がうつ病になった経緯は、
先輩社員の過度な期待とプレッシャー、陰口でした。
そして頑張ろうとしすぎる自分がさらに自分を追い詰め、
いつの間にか自分が消えてなくなればいいのにと思うほどになっていました。
本当に死のうなんては思っていなかったと思いますが、
自分の苦しさを誰にも吐き出すことができずに
浅いリストカットを繰り返していました。
その後自分が自死をするような夢を見るようになり、
怖くなって精神科のある病院に電話しました。

 

そこで告げられたのは「パニック障害」。
病名を付けることで、会社を休めるからねと言われ、
ようやく、あ〜休んでいいんだと思えるようになりました。
お医者さんは最低でも3ヶ月は休んでリラックスしようということで、
それに従いました。
私は通院で薬を少量の服用しながら、
信頼できる母とだけ接するようにしました。
最初は母とですらまともに話せなくなっていました。
普通にご飯を食べて、寝るという生活ができるようになるところから始まりました。
母は多くを語らず、ただただ私の身の回りの助けとなってくれただけでした。

 

休暇中に気を付けたいのは、
「信頼できる人」とまずは過ごすこと。
「あまり情報を入れないこと」かなと思います。
テレビの言葉ですら自分に言っているように聞こえるので、
あまり見すぎないことです。
そして信頼できる人と普通の日常会話だけにすることからかと思います。

 

3ヶ月ほど通院し休みをとっていましたが、
その間の不安とか悩みとかは、
私の場合もう何も考えられない状態だったために、
「無」だったように思います。
それでいいと思います。
何も考えないことです。
ただ食べて寝ての生活から、
だんだん掃除をしてみよう、
料理をしてみよう・・
というふうに少しずつできることが自然と増えてきます。

 

私は3ヶ月間一歩も外に出れませんでしたが、
今日は公園に出てみようかな、
次はコンビニというように、
少しずつ外に出られるようになりました。いったん休みをとることで、心の中のストレスが自然と少しずつとれてきます。
半年休みをもらって、
ようやく仕事をどうするか考えられるようになり、
自分で会社を辞めるという答えを出し、
退職しました。
退職後はどんどん精神状態は落ち着いてきました。
ただ退職後も焦らず、できることを少しずつ。

 

うつ病の時一番大事なのは、
「休むこと」
真面目でがんばり屋な人ほど休む決断ができないかもしるませんが、
心が病気なんだからやすんでもいいんだと思うことです。

 

そして
「信頼できる人がいる」と思うこと。
家族、友人、恋人、医者、看護師、誰でもいいです。
そう思える人がいるだけで、
自分を理解してくれるという安心がうまれ、
心が元気になってきます。

 

うつ病との向き合い方は人それぞれですが、
時間はかかっても、
少しずつ心は元気になってきますから、
焦らず無理せず我慢せず過ごしてください。

スポンサーリンク

関連ページ

鬱病は真面目に頑張った人がなります。ゆっくり休養してください。
周りの人達の協力が大切だと感じました
鬱病は本人も周りも大変な病気です
鬱になり会社を休職しましたが先日やっと復帰出来ました
うつ病になる前にして欲しいこと
1年間鬱病で会社を休職した経験があります
1人で考え込まない!周りのサポートと自然がくれたパワー
持病の悪化は鬱病のサインかも?休職して治療をする必要性について
ゆっくりと心と体を休める期間。人生の充電期間!
妊娠、出産が私をうつから救ってくれた
うつ病の体験談
私のうつ病休職日記
半年後に鬱病がぶり返した経験から無理をしないことを心に決めた
休職中の方へのアドバイス
鬱病での休職、そして復帰
一年の休職
鬱病で仕事を辞めた体験
予期せぬ鬱病発症
うつを患って
DV男との離婚でうつ病になった私の休職と復帰
自分が休職をして分かったことと心の変化
鬱病にならないために、適度な運動と休養を
解放される事が何より大事
いいかげん(良い加減)療法
公務員をやめて自由業へ
私の初めての経験
鬱病で休職して学んだこと
うつ病で1年休職後復帰
うつ病で休職後、会社がなくなり、無職になりました
休職後、再発して結局会社が倒産して辞めることになりました
うつ病で休職後、退職し、新しい道を模索中です。
大波がさざなみになるまで待っていた
嫌な予感がした新規入社の事務員
不安で真っ暗なトンネルの先に
自分を認めてあげてくださいね
高校卒業後、介護施設に就職。その後、鬱との戦い
渾身の果てに
鬱病が原因で介護施設を休職し、その後退職しました
うつ病は、気長に付き合っていきましょう
回復期、寛解期を迎えてからの過ごし方
休職を経て学んだ大事な事
セクハラからパワハラそしてPTSD障害
初めてのうつ病
うつ病からの奮闘記
うつ病急性期をすぎ、休職期間中にしていたこと
うつ病から仕事に復帰するまで
傷病手当が切れて会社へ復帰したときの過ごし方
何も気にしなくても良いです。大丈夫、大丈夫です。
のんびり休息時間だと思って、自分をいっぱい労って欲しいです
私が鬱病になったときの周りの対応
4年前のうつ病体験
鬱病で休むことの罪悪感
ゲーム会社の多忙なスケジュールに心が病んでしまいました
こころのおやすみ期間
私が鬱病だったころ
焦らない、無理せず、ゆっくりと
休職してから簡単な仕事を始められるようになるまで
医療系の仕事で鬱となり休職
精神的な病に対する周りの目
時間とゆとりが必ず解決してくれる
仕事が激務でうつ病発症。今は専業主婦に。
兆しがあったのにと後悔。もっと早く対処すれば仕事は続けられたかも。
自分で鬱だと認める事も大切
配置転換と病院を変えたらうつ病が緩和され、復職〜平常勤務に
中学校教諭のうつ病

トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上