うつ病 休職 体験談

周りの人達の協力が大切だと感じました

【うつ病の症状・治療体験談】:周りの人達の協力が大切だと感じました

プロフィール: K.Tさん、30代女性、会社員、30代の時に1年間休職

 

私が鬱病を発症したのは2人目の子供を出産した後です。

 

自分では鬱病だなんて思っていなかったんですが、感情の起伏が今までにないくらい波がでて、ちょっとしたことで落ち込んでしまったり塞ぎ込んだりしていました。

 

何もしたくなくなったり、子供の顔を見たくなかったりしていたんですが疲れているのかと思いましたが鬱病だったんですね。

 

自分が自分が鬱病と診断されたことにとてもショックを受けました。

 

鬱病になる人は精神が弱いとこれまで思っていたので自分は弱い人間なんだと落ち込みました。

 

2人目を出産して育児休暇があけたばかりで上司に休職の相談をするのは非常に気が引けました。

 

もしかしたら辞めろと言われるかもしれないと思いました。

 

でも医者からはしばらくゆっくり過ごしたほうが良いと言われたので正直に上司に伝えました。

 

上司は本当に心配してくれて休職を快く受理してくれました。

 

会社の規程で病気療養の為の休職期間は1年間と決まっています。

 

それをフルに使わせてもらうことにしました。

 

求職中はとにかくゆっくりしました。

 

これまでゆっくりした経験がないので最初は何をしようかと思いましたが、DVDを借りて見たり音楽を聞いたり、ふらっと散歩をしてみたり昼寝をしたり。
その時に「しようかな」と思ったことをそのままやっていました。

 

とにかくストレスをためない、我慢しないようにしていました。

 

病院に通い薬を飲んで3ヶ月くらいで症状はとても落ち着いて楽になりました。

 

以前のようにいろんなことに興味が出たりもしましたし意欲的にもなりました。

 

そうなってくると気になってくるのが会社のことです。

 

私がいなくても仕事が回っているので私はもういらないんじゃないか、席がないんじゃないかと少し不安になりましたが症状悪化してはいけないので考えないように過ごしました。

 

1年の休職期間が終わり職場へ戻りましたが異動の辞令が出ました。

 

以前は自宅から30分ほどの支社だったんですが移動先は1時間ほどかかりますし乗り換えもありましたが、仕方なく辞令に応じました。

 

新しい支社でも1/3くらいは知っている人だったので溶け込みやすかったですが、最初は腫れ物に触るような感じで接されたので若干ショックでした。

 

勤務形態は当面時短勤務をお願いしました。

 

無理のないところから始めて徐々にフルタイムに戻すという感じです。

 

多少のよそよそしさは感じますが経済的にも働かないといけなかったので仕方ないと思って毎日頑張って働きました。

 

でも私が大丈夫そうだとわかると皆さんこれまで通り接してくれるようになったので気持ちよく働けるようになりました。

 

鬱病になった人を受け入れてくれるかどうかは会社次第だと思います。

 

会社の規模によっても休職を受け入れてくれるかどうかわかりませんが、会社の規程で休職制度があるならば利用するべきだと思います。

 

鬱病を患った人の再就職は本当に難しいです。

 

私自身が採用に携わっていたのでよくわかります。

 

鬱病の人は選考対象になることはありませんでした。

 

だから周りにどう思われようと休職制度を利用しましょう。

 

そして私のようにしばらくは腫れ物にさわるような接し方に慣れるしかないと思います。

スポンサーリンク

関連ページ

鬱病は真面目に頑張った人がなります。ゆっくり休養してください。
鬱病は本人も周りも大変な病気です
鬱になり会社を休職しましたが先日やっと復帰出来ました
うつ病になる前にして欲しいこと
1年間鬱病で会社を休職した経験があります
1人で考え込まない!周りのサポートと自然がくれたパワー
持病の悪化は鬱病のサインかも?休職して治療をする必要性について
ゆっくりと心と体を休める期間。人生の充電期間!
妊娠、出産が私をうつから救ってくれた
心が元気になるまで
うつ病の体験談
私のうつ病休職日記
半年後に鬱病がぶり返した経験から無理をしないことを心に決めた
休職中の方へのアドバイス
鬱病での休職、そして復帰
一年の休職
鬱病で仕事を辞めた体験
予期せぬ鬱病発症
うつを患って
DV男との離婚でうつ病になった私の休職と復帰
自分が休職をして分かったことと心の変化
鬱病にならないために、適度な運動と休養を
解放される事が何より大事
いいかげん(良い加減)療法
公務員をやめて自由業へ
私の初めての経験
鬱病で休職して学んだこと
うつ病で1年休職後復帰
うつ病で休職後、会社がなくなり、無職になりました
休職後、再発して結局会社が倒産して辞めることになりました
うつ病で休職後、退職し、新しい道を模索中です。
大波がさざなみになるまで待っていた
嫌な予感がした新規入社の事務員
不安で真っ暗なトンネルの先に
自分を認めてあげてくださいね
高校卒業後、介護施設に就職。その後、鬱との戦い
渾身の果てに
鬱病が原因で介護施設を休職し、その後退職しました
うつ病は、気長に付き合っていきましょう
回復期、寛解期を迎えてからの過ごし方
休職を経て学んだ大事な事
セクハラからパワハラそしてPTSD障害
初めてのうつ病
うつ病からの奮闘記
うつ病急性期をすぎ、休職期間中にしていたこと
うつ病から仕事に復帰するまで
傷病手当が切れて会社へ復帰したときの過ごし方
何も気にしなくても良いです。大丈夫、大丈夫です。
のんびり休息時間だと思って、自分をいっぱい労って欲しいです
私が鬱病になったときの周りの対応
4年前のうつ病体験
鬱病で休むことの罪悪感
ゲーム会社の多忙なスケジュールに心が病んでしまいました
こころのおやすみ期間
私が鬱病だったころ
焦らない、無理せず、ゆっくりと
休職してから簡単な仕事を始められるようになるまで
医療系の仕事で鬱となり休職
精神的な病に対する周りの目
時間とゆとりが必ず解決してくれる
仕事が激務でうつ病発症。今は専業主婦に。
兆しがあったのにと後悔。もっと早く対処すれば仕事は続けられたかも。
自分で鬱だと認める事も大切
配置転換と病院を変えたらうつ病が緩和され、復職〜平常勤務に
中学校教諭のうつ病

トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上