うつ病 休職 体験談

嫌な予感がした新規入社の事務員

【うつ病の症状・治療体験談】:嫌な予感がした新規入社の事務員

プロフィール: うさぎKさん、40代女性、事務員、1年7ヵ月間休職

 

「来月からGさんに、来てもらおうかと思っているのだけどいいかな?」

 

それは所長が私一人では仕事の量が多いと思い言ってくれている気遣いと、行先が無くなったベテラン派遣社員の女性を自分の現場で雇うという心遣いでした。

 

Gさんは年下ながら二年ほど先に同じは圏外所に所属し、同じ大手ゼネコン会社へ転々と派遣されている方でした。しかし、兼ねてから気が強い事・性格が悪い事で、行く現場で女性社員と合わず、契約更新時には転々と違う現場へ派遣されていました。

 

その方が、私の目の前のデスクで仕事をする。何か嫌な予感が走りましたが、そう、悪い人でも無いだろうと思っていました。ところが、そのGさんが精神的に苦痛になるとは。。ミスは私のせいにされ、物を隠され、メールで無い事を流され、気が狂いそうでした。これが私の人生で初めての鬱病になった原因です。

 

すぐに会社を辞めようと思っていました。しかし、派遣会社の担当の方に相談すると最初は違う理由を話したのですが見抜かれてしまい、心療内科に行く事を薦められました。そして診断は鬱症状からの鬱病との事。眠れない・吐き気・動悸・震えなど、出社前に起こる現象を心療内科の先生に話し、派遣会社にも報告がいき、しばらくお休みと言う形で派遣企業先にも承諾を得る事ができました。とにかく、眠りました、眠くなるお薬を服用していたせいもあり不安がよぎると眠るようにして過ごしていました。少し、調子が上向きな時はテレビを見たり。家事は一切できませんでした。特に気をつけていたことは、食事は必ず食べる事(吐いても) 眠くなったら眠る事 会社の事は考えない様にする事でした。

 

これからどうなるのだろう、復帰なんかできるのだろうか、復帰できなかったとしたら新しい仕事に就けるだろうかという不安がありました。とにかく、心療内科の先生の言うとおりにしました。「好きな事だけする事」「自分を誉める事・責めない事」です。

 

職場の環境が変わったので(Gさん一人ではなく女子事務員が増えた)ので、部署も変わるから少しだけ、挨拶に行きませんかと派遣担当者から言われ挨拶だけのつもりで行きましたが、みなさん待っていて下さっていて喜んで下さっていた姿を見て復帰をしました。

 

しばらくは半日勤務でした。Gさんと顔を合わすとどうなるか不安でしたが、他にもたくさんの後輩が出来ていたので、気にならない様になっていました。これなら、やっていけそうだと感じました。半日勤務を二ヵ月続けて、もう大丈夫と自身が付いたのでそのままフルタイムに復帰しました。Gさんと顔を合わす事が会って少しいじわるされても、他の後輩たちも同じことをされていたので「可哀想なひとなんだ」と逆に思えるようになりました。調子がいいからとオーバーワークしない様に徹底しました。少しの嫌味や意地悪は、私だけじゃないから大丈夫と気にしない様にしました。

 

今悩んでる方に言いたいことは、とにかく我慢はしない事です。キッカケは退職したいでもいいですから誰かに必ず話してください。一人で悩まないで下さい。そして、重傷な場合には医療機関にお世話になるのも良いですよ。薬を飲み続けなければならないという事も人それぞれですから薬の依存は心配いりません。

スポンサーリンク

関連ページ

鬱病は真面目に頑張った人がなります。ゆっくり休養してください。
周りの人達の協力が大切だと感じました
鬱病は本人も周りも大変な病気です
鬱になり会社を休職しましたが先日やっと復帰出来ました
うつ病になる前にして欲しいこと
1年間鬱病で会社を休職した経験があります
1人で考え込まない!周りのサポートと自然がくれたパワー
持病の悪化は鬱病のサインかも?休職して治療をする必要性について
ゆっくりと心と体を休める期間。人生の充電期間!
妊娠、出産が私をうつから救ってくれた
心が元気になるまで
うつ病の体験談
私のうつ病休職日記
半年後に鬱病がぶり返した経験から無理をしないことを心に決めた
休職中の方へのアドバイス
鬱病での休職、そして復帰
一年の休職
鬱病で仕事を辞めた体験
予期せぬ鬱病発症
うつを患って
DV男との離婚でうつ病になった私の休職と復帰
自分が休職をして分かったことと心の変化
鬱病にならないために、適度な運動と休養を
解放される事が何より大事
いいかげん(良い加減)療法
公務員をやめて自由業へ
私の初めての経験
鬱病で休職して学んだこと
うつ病で1年休職後復帰
うつ病で休職後、会社がなくなり、無職になりました
休職後、再発して結局会社が倒産して辞めることになりました
うつ病で休職後、退職し、新しい道を模索中です。
大波がさざなみになるまで待っていた
不安で真っ暗なトンネルの先に
自分を認めてあげてくださいね
高校卒業後、介護施設に就職。その後、鬱との戦い
渾身の果てに
鬱病が原因で介護施設を休職し、その後退職しました
うつ病は、気長に付き合っていきましょう
回復期、寛解期を迎えてからの過ごし方
休職を経て学んだ大事な事
セクハラからパワハラそしてPTSD障害
初めてのうつ病
うつ病からの奮闘記
うつ病急性期をすぎ、休職期間中にしていたこと
うつ病から仕事に復帰するまで
傷病手当が切れて会社へ復帰したときの過ごし方
何も気にしなくても良いです。大丈夫、大丈夫です。
のんびり休息時間だと思って、自分をいっぱい労って欲しいです
私が鬱病になったときの周りの対応
4年前のうつ病体験
鬱病で休むことの罪悪感
ゲーム会社の多忙なスケジュールに心が病んでしまいました
こころのおやすみ期間
私が鬱病だったころ
焦らない、無理せず、ゆっくりと
休職してから簡単な仕事を始められるようになるまで
医療系の仕事で鬱となり休職
精神的な病に対する周りの目
時間とゆとりが必ず解決してくれる
仕事が激務でうつ病発症。今は専業主婦に。
兆しがあったのにと後悔。もっと早く対処すれば仕事は続けられたかも。
自分で鬱だと認める事も大切
配置転換と病院を変えたらうつ病が緩和され、復職〜平常勤務に
中学校教諭のうつ病

トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上