うつ病 休職 体験談

うつ病には波があります。いい時と悪い時があります。

【うつ病の症状・治療体験談】:うつ病には波があります。いい時と悪い時があります。

プロフィール: Y.O.さん、40代女性、30代のとき1年半休職し復職後3年休職し退職

 

うつ病を発症して、10年が立ちます。そのあいだにいろいろなことがありました。今は回復と再発を繰り返しながら、寛解状態を迎えようとしています。うつ病急性期の頃は、生きて病院へ行くだけで精一杯でした。処病手当をもらい休職しましたが、その後会社の状態が悪くなり、再度休職。その後、社長がいなくなってしまいました。それから、3年が経とうとしています。

 

今は、障害年金と貯金でなんとか暮らしています。症状が悪くなるのは、ここ2、3年は秋〜冬にかけてです。その時は、何もやる気がしなくなり、家でパソコンゲームばかりしています。仕事を探さないといけないとは、思いながら、働く自信がありません。カウンセラーさんが、アルバイトでもいいからしてみたらと言われますが、今まで、正社員でしか働いたことがないので、どうしていいかわからないのです。

 

そこで、以前から興味があった、心理学の勉強をすることにしました。これは、長続きをしています。ただ、気になるのは、将来のこと、勉強をしていてもお金がかかるばかりです。将来はどうなるのかを考えると不安になり、眠れなくなることもあります。昨年の秋に、薬が変わりました。その薬のおかげか、少しだけ調子が良くなる時期があります。調子がいいといっても毎日は続きません。一日出かけると、2〜3日は、家に引きこもっています。

 

こんな感じなので、仕事を探すこともできません。とにかく、心と体がついていかないのです。心理学の勉強をしているときは、楽しくできるようになりました。以前は、集中力も続かず、ただ、学校へ行っているという感じでした。働かなければならないという気持ちはありますが、心と体がついていきません。

スポンサーリンク


トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上