うつ病 休職 体験談

鬱病発症から休職、復帰、退職そして転職

【うつ病の症状・治療体験談】:鬱病発症から休職、復帰、退職そして転職

プロフィール: Y.Kさん、40代男性、生産管理、二年、40代前半の時に休職

 

40代前半に鬱病で休職しました。鬱病になったのは上司のパワハラ、過度な残業、人間関係のきつさからです。工場の生産管理という仕事をしていたので、ストレスは半端ないものでしたが、ついに耐えきれずに休職しました。

 

休職中は会社と保険組合の指示に従って、できるだけ身体を休めたり、調子が良いときは軽い運動をしたり、できるだけアドバイスに従っていました。ただひどいときは本当に何もしたくなく、死んで楽になりたいなあとぼんやり考えていました。

 

特に気をつけていたことはとにかく無理をしないということでした。必ず毎日なにかしようとか自分で制限をつけたりすると返って逆効果だというのでとにかくいまは休むのが第一だと考えていました。

 

休職中は復職してもうまくいくのか、そもそも鬱病は治るものなのかとずっと不安になっていました。復職したところで職場が同じならまた発症するだろうなと考えていましたし、休職は出来たものの異動は出来ないのは職場の事情でわかっていましたので、うまくいかなければ転職するしかないなと考えていました。

 

状況の改善のために行ったのは、医者にはきちんと行くこと、規則正しい生活をすること、自分を追い詰めないことの三つです。結果、時間はかかりましたがある程度回復しました。

 

ある程度状況がよくなったので復帰しましたが、予想どおり異動にはならず、環境もあまり変わりませんでした。最初のうちはまだなんとか凌いだのですが、一か月もしないうちに身体は動かなくなり、ある朝起きた途端にだらだらと涙が止まらなくない、やはり無理だと悟りました。

 

廻りの家族ももう無理だと理解していたので、転職に同意してくれました。退職してから半年くらいはリハビリしていたのですが、ストレスの最大の原因がなくなったことで回復に向かい、徐々に転職活動ができるようになりました。やはり復職して無理をしたのは間違いだったと思い知りました。

 

これから休職をされる人、または休職中の方は、今は厳しいご時世ですから転職も難しいのですが、身体がぼろぼろになってしまうよりはマシです。生きていればまだ巻き返せます。

スポンサーリンク


トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上