うつ病 休職 体験談

鬱っ気が直らない人間のその後

【うつ病の症状・治療体験談】:鬱っ気が直らない人間のその後

プロフィール: Y.Mさん、30代男性、フリーター、4年前に5年間休職

 

フリーターを続けて10年以上。安定職を得られない不安感・失望感から鬱になりました。

 

休職期間中は、休職しているといっても何もしていないわけではありません。在宅業や株、FXなどありとあらゆる収入源を模索して毎日を過ごしています。

 

休職中は生活が不規則になりがちなことと、精神的に何もできなくなるような症状が出てしまうことが気になりました。先行きの不透明感から更に鬱になり、自宅にひきこもるように。体の異常が多発するようになり肉体的にも困難な状態になりました。なので、規則正しい生活を行うようにしています。それと日光浴をすることです。基本的には生活が安定していれば具合も少し良くなるのです。

 

休職終了後も、元にいた会社に戻ることはないでしょう。今、新たな仕事、職業を模索している最中です。会社に依存したり、他人に任せていてはいけないと思うようになりました。自立した生活と仕事がない限りは他人の横暴に流されるだけなのだと。

 

最近は肉体的・精神的に少し落ち着くようになりましたが、まだ生活の不安は消えずにいます。

 

自己管理が必要なので、その点で気を付けています。これからの人生にとって必要なことは強い決意だと思っているので仕事意識を高めていきたいと思っています。

 

鬱になる人は年々増えていると聞きます。他人事ではありませんし、誰かにアドバイスを求めてもいいかもしれませんが、医師やアドバイザーなどの人を頼っても難しいかもしれません。基本的に内面的な事情ですから自分との対話と言えます。自分を見つめなおし、これからの人生設計を考え直すといいでしょう。私は誰かに相談したわけではありませんし、自分で解決していくしかないのではないかと考えています。

スポンサーリンク


トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上