うつ病 回復期

うつ病の回復期

うつ病の回復期

回復期とはどのような時期か

うつ病は初期症状が表れてから、症状が著しく出る急性期を辿り、回復期に移行します。回復期とは、急性期に出現していた著しい症状が治まり社会復帰に向けたリハビリを行い、うつ病発症前の生活リズムに戻れるようにトレーニングを行っていく時期です。

 

回復期には、うつ病の症状が緩和されることから「自分は治った」「普通の生活に戻れるように頑張ろう」「仕事に復帰したい」等の意欲も向上してくる時期でもあり、無理をしすぎないことも大切です。この時期に、気持が先立ってしまい無理をすることで落ち着いていた症状を悪化させてしまうこともあります。

 

うつ病の回復期での注意点

うつ病の治療は服薬によるものが一般的であり、自己判断による服薬の中止を行うと悪化する傾向があります。また、回復期に入っても気分の浮き沈みがあったり、やる気がでない日もあったりと波があります。そのような時も、休養を取り、医師に相談することも大切です。

 

回復期での注意点は、自分のペースを守り無理をしないことです。また、リハビリによる治療も行われますが、うつ病になった背景にはどのようなことがあったのかを振り返り、再発の防止に努めることも必要です。

 

うつ病を再発させないためには、徐々に生活に馴れていくことです。病気を発症する前の生活に突然戻そうとすると、疲れてしまったり、気が滅入ってしまったりということもあります。やるきが出ないときの自分、できないことをできないと認める強さも大切なことです。

 

回復期の環境

うつ病の回復期は、適切な環境を整えることが大切であり、家族や周囲の対応の仕方にも心遣いが必要です。患者さんが、ゆっくり休養できるように、無理せずに過ごせるような声かけを行い、安心させてあげることが大切です。また、適切な周囲の環境や人間関係が再発を予防し、良好な予後を築けるのだと思います。

スポンサーリンク


トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上