うつ病 再発 予防

うつ病の再発予防

うつ病の再発予防

うつ病を再発させない為にできること

うつ病を発症してから治療し、生涯再発をしない人もいますが、多くの人が再発を繰り返しています。また、再発を繰り返すことで社会生活できる期間も短くなってしまいます。うつ病は、再発率の高い病気ですが再発をしないように適切な治療を継続して行うことが大切です。

 

また、うつ病はストレスが大きく関与していることがわかっており、発症前に自分の生活にどのような変化があったのか、人間関係は良好であったのか等、生活の中で変化したことに目を向け、発症に至った原因追究を行うことも大切です。うつ病を再発予防するために自分の弱い面を自覚し、対処方法を考えていくことが必要です。

 

再発予防

うつ病を発症した患者さんの多くは、仕事をしている人も少なくありません。仕事をしている人に多いのが復帰への焦りや会社の状況が気になることや、自責の念等、各々で職業に対して不安な想いを抱えています。うつ病の症状が緩和されることで、様々な想いが脳裏に過り復帰を焦ってしまいます。

 

しかし、このような焦りで治療を厳かにすると再発率も高まってしまうという傾向があります。また、うつ病の発症をきっかけに転職や部署の移動等を余儀なくされないという方も居られますが、新しい環境に慣れるということは、多くの人にとって精神的な負担も少なくなく、焦らず無理をしないということが大切です。

 

転職や仕事に復帰する際にも、自分の体調や医師との相談をすると同時に職場に対して「うつ病」という病気に対する理解を求める必要があります。また、仕事と日常生活を両立できるように家族の協力も必要不可欠になってきます。再発予防を行いできる限り快適に自立した生活を営むことができます。

スポンサーリンク


トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上