うつ病 入院

うつ病による入院

うつ病による入院

うつ病による入院期間

うつ病を発症しても多くの場合、服薬と外来治療を行い自宅にて療養することが一般的です。しかし、うつ病と言っても、個人の性格、年齢、症状によっても必要な治療が異なります。

 

うつ病の診断を受けて入院されるのは、自殺企図がある場合や高齢により体力や判断力が著しく低下している時、その他の疾患を併発している場合がほとんどです。その中でも、うつ病を主症状として入院されている方の平均入院期間は3カ月〜6カ月と幅があります。

 

入院中は、規則正しい生活を行い、健康的な食事と睡眠のコントロール、社会適応訓練やカウンセリング等が行われ、それと同時に服薬による治療を必要とされます。

 

うつ病の入院費用

うつ病の入院費用は保険が適用されるのですが、長期に渡る入院の場合その費用も膨大な額になります。また、働いている方では働けない期間の給料等の経済的負担は大きくなってしまいます。

 

うつ病の入院費用は高額医療費を申請するとおよそ8万円程度ですが、その他にも室料や食事代というようなものは医療費とは別に負担しなければなりません。トータルすると、医療費の目安は月に17万〜22万程かかることが予想されます。

 

うつ病と診断されると、ご加入の医療保険によっては入院期間の保険料をお支払いする会社もあります。また、うつ病になっても加入できる医療保険もあります。万が一に備えてこのような精神疾患にも対応できる医療保険に加入していると安心です。

 

うつ病と診断されて、経済的負担を軽減する為に、健康保険からの傷病手当金の受給や精神保健福祉手帳の交付等も1つの方法です。このような制度を利用し経済的な不安を軽減し治療に専念できるように努めることも大切です。

スポンサーリンク


トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上