仮面うつ病とは

仮面うつ病とは

仮面うつ病とは

仮面うつ病とは何か?

「うつ病」という病気は多くの方がご存じと思いますが、うつ病にも様々なタイプがあります。仮面うつ病もうつ病の1つですが、従来のうつ病と異なる点がいくつかあります。

 

仮面うつ病の症状は精神症状ではなく、身体的な症状が表れることが特徴であり、腹痛や微熱、腹痛等の訴えが多く、その他の症状を自覚することが難しいことにあります。その為、多くの方が風邪薬や胃薬を飲んで治そうと試みたり、医者にかかったりしますが原因が分からずに悩まされるケースが多いのが現状です。

 

仮面うつ病の診断

仮面うつ病は精神的な症状が隠れている事で診断が難しいのが現状ですが、うつ病の診断基準を基に当てはめて診断を行います。精神的な症状が隠れていても、検査を行うと「言われてみれば…」という症状が出てくることがあります。

 

自分では、あまり気にしていなくても、言われてみれば、憂鬱な気分になることが多かったり、安定した睡眠時間を取れていなかったり、疲れが取れていなかったり、倦怠感を感じていたり等と言う症状を自覚することもあります。うつ病の診断は、精神面だけに着目するのではなく、身体症状を見て隠れうつ病と呼ばれる「仮面うつ病」を視野にいれて診察することを医師に求められています。

 

仮面うつ病の症状は、一定の症状だけにとどまらず、多くの場合には様々な症状が出たり、薬を処方しても改善されなかったり、1つの症状が改善してもまた新たな症状がでるということもあります。

 

一般的に不調が生じたら内科を受診する方が多いかと思いますが、長く続く場合には、仮面うつ病の疑いもあるので、心療内科や精神科の受診も視野に入れて考える必要があります。症状から病気を特定することが難しい病気ですが、早期の治療が予後も良く、社会生活への影響も少なくて済むことから心身ともに健康であることが大切であり、積極的な治療が推奨されます。

スポンサーリンク


トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上