冬季うつ病

冬季うつ病とは

冬季うつ病とは

冬季うつ病とはどのようなものか

みなさんがご存じのうつ病には、冬季に限定されて発症するタイプの「冬季うつ病」というものがあります。冬季うつ病とは、日照時間が短くなる秋から冬にかけて発症し、春が近づき、日が長くなると症状は消失することが特徴です。

 

この、冬季うつ病は20〜30代の若い女性に多く症状は通常のうつ病と同じですが、季節が限定されているということがうつ病との違いです。この冬季うつ病の原因とされていることは、日射量不足だということがわかっており、日本国内よりも日の当らない国々の人に多くみられます。

 

これまで、日に当たっていた人が、日の当らない生活をすると発症する確率が高くなります。日射量が不足すると、脳内の神経伝達物質であるセロトニンの分泌量が低下してしまい、うつ病の発症リスクを高めてしまいます。

 

冬季うつ病の治療

冬季うつ病の診断基準は、冬季に限り症状が出ることや体重の増加、軽度の躁症状と鬱症状がみられる等があり、医師の診断に基づいて行われます。また、治療方法は、目から脳に光による刺激を与える「高照度高照射装置」を使った治療が効果的だとされています。

 

冬季うつ病は、自分で予防することも大切であり、寒くて引きこもりがちになる冬でも、生活の中にできるだけ日光浴を取り入れるなどの工夫が大切です。しかし、地域によっては日射量の低い地域もあり、全ての人が自身で予防できるわけではありません。

 

冬季うつ病は、毎年発症することが当たり前になってしまう方も少なくなく、病気として受容することも大切ですが、自分の個性の1つとして向き合うことも必要であると思います。冬季うつ病で悩まされる方も少なくありませんが、医療機関と連携し、服薬療法、予防、光療法等を取り入れて社会で生活していけるように対処していくことが必要です。

スポンサーリンク


トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上