躁うつ病 双極性障害 症状

躁うつ病(双極性障害)とは

躁うつ病(双極性障害)とは

躁うつ病(双極性障害)とは何か

躁うつ病と呼ばれる双極性障害は、うつ病に加え躁の症状も出現する精神疾患です。双極性生涯は、うつ状態と躁状態を繰り返す病気で間に寛解期を挟みます。

 

寛解期とは症状の治まっている期間であり、うつ状態と躁状態を繰り返すことで寛解期の期間が短くなっていくことが特徴です。寛解期の間は、症状が治まっていることから社会生活を営むことができ、この期間を長く過ごすこと、再発させないということが一生の目標になります。

 

また、双極性障害にはT型(躁病相と鬱病相)、U型(軽躁病相と鬱病相)があり、特にU型については躁病相が軽いことからうつ病と間違われるケースも少なくありません。

 

躁うつ病(双極性障害)の症状

双極性障害は、一般的にうつの病相から出現することが多く、躁の病相が出現しても本人や家族はそれを病気として認識していないことも多くあり、病気の発見が遅れたり、うつ病と診断されたりするケースも少なくありません。

 

双極性障害の症状は、うつの症状が出現している時は、意欲の低下、食職不振、自死の企図、不眠等がみられますが、躁の症状はこれと全く反対の症状が出現します。躁の症状がとは、多弁になったり、無遠慮になったり、誇大妄想、衝動買い、人に対して上から物を言ったりというような事があり、人間関係に大きな支障をきたします。

 

しかし、双極性障害は、躁の症状が出ている期間よりもうつの症状が出ている期間の方が多いことも特徴であり、繰り返すことで寛解期は短くなってしまいます。うつ病よりも、周囲からの理解を得難い病気であり、自殺企図も強い傾向があるので慎重な治療が必要です。

 

うつ病も双極性障害も共通して言えることは、原因を追究するとともに、社会生活を営む上では服薬治療とともに、周囲の協力が必要であり、家庭環境や職場環境、学校などの理解を得て無理のない生活をすることが大切です。

スポンサーリンク


トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上