産後うつ病とは

産後うつ病とは

産後うつ病とは

産後うつ病の原因と症状

出産を経験する多くの女性が通る道である産後の育児は、思っている以上に大変な仕事です。出産は、幸せなことであり、喜ばしいことですが産後の女性の身体は、妊娠中の身体から元の状態に戻ろうと働きかける一方では、赤ちゃんを育てるために必要な母乳の生成を行うためにも働きます。そのため、女性ホルモンは普段の状態よりも崩れやすく、身体は疲れやすいのです。

 

また、産後、赤ちゃんの授乳のために昼夜問わず起きて対応しなければなりません。泣いたらオムツを替えたり、母乳を与えたり、それでも泣きやまない時だってあるのです。初めての子育てのお母さんは特にわからないことだらけで、自分の方が泣きたい思いでしょう。そのような状況が原因で「産後うつ」を発症してしまう方は少なくないのです。

 

症状は、普通のうつ病と変わらず、気分が憂鬱になり、子育ては手につかず、泣いている我が子を放置したり、自分が何のためにいるのかわからなくなったり、子どもや夫に愛情を感じられないという症状もあります。産後に、そのような気分の変調が表れた場合、赤ちゃんの為にも、自分ひとりで抱え込まないで家族に相談することや医療機関を受診することが大切です。

 

産後うつ病かな?と思ったら

産後うつ病の詳しい診断は精神科病院や心療内科で行われますが、子どもを産んでから、涙が止まらなくなったり、不安になったり、自分の存在意義がわからなくなったりした時等は、出産した産婦人科に相談することも1つの方法です。

 

産婦人科を通し、医療機関や地域の育児支援制度を紹介してもらうこともできるので一人で悩まずに相談する勇気を持つことが何よりも解決の近道です。また、医療機関への受診を行い、精神療法や服薬治療等と共に、家族の協力を得ながら育児をしていくことで、少しずつ子どものいる環境に慣れていくことが大切なのです。

スポンサーリンク


トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上