更年期のうつ病

更年期のうつ病

更年期のうつ病

更年期のうつ病とは?

「更年期障害」という言葉を多くの方が耳にしたことがあるのではないでしょうか?更年期障害は、閉経前後の女性がホルモンバランスの影響でうつ病の症状が出ると言われています。

 

しかし、近年は女性の更年期だけではなく男性の更年期の方が重症化し易いということで危惧されています。女性の更年期は40代後半から50代の方に多く、閉経と同時に多くの方は、子育てが終わってしまう時期です。子育てが終わると、これまで子どものために尽くしてきた時間をどう過ごして良いのかわからなくなることも少なくありません。

 

また、これまで無我夢中で子育てに励んできた時間が恋しくなり、寂しくもなり、自分が何のために生きていけば良いのかわからなくなるという方もおられます。

 

一方で、男性の更年期によるうつ病は男性ホルモンの低下でイライラしたり、気力がなくなったり、仕事に身が入らなくなるような症状があります。男性の更年期は女性とは違い、定年退職を向かえる前やその後に発症することが多く、「退職」により、自分の価値や居場所を失うことの恐怖からなる方もおられます。女性も、男性もホルモンのバランスとともに、環境の変化によって生じることが多いと言われています。

 

更年期障害の症状

女性の更年期障害の症状は、ほてりやのぼせ、身体のだるさ、発汗等の症状があります。

 

一方、男性の更年期障害の症状はほてりや発汗、頭痛、性欲の減退、頻尿等があります。

 

この時期にこのような症状が出たら「更年期だから仕方ない」等と思いがちですが、更年期障害はうつ病を発症するケースも多いのです。気分の波が激しい場合や、睡眠障害を伴う場合、その他、気がかりなことがある場合には精神科や心療内科、若しくは婦人科に相談してみると良いでしょう。

スポンサーリンク


トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上