うつ病 休職 診断書

うつ病で休職する際の診断書

うつ病で休職する際の診断書

うつ病で休職する際に必要な診断書

多くの人を悩ませるうつ病ですが、仕事をしている方は特にその責任にも悩まされることが少なくありません。うつ病は、休養と服薬による治療が一般的であり、仕事をしている方は休職し、治療に専念することも必要になることも少なくありません。

 

そのような時、一般的な会社には、医師による「診断書」を提出して休職が必要な旨を届け出ます。また、会社の保険に加入している方は、傷病手当を受給することも可能なので手続きの必要があります。

 

休職する際に必要な診断書は、病気であることの証明書としての役割だけではなく、必要な制度や手当を受ける為にも使われます。「うつ病」だと診断されても、医師の指導による、外来若しくは入院の治療を受ける際には、必要に応じて診断書を書いてもらい安心して治療を受けられるような環境を作ることが大切です。

 

関連ページ:うつ病で休職する際の診断と手続き

 

うつ病と向き合う為の休職

気分が落ち込みやすくなったり、不眠になったり、食欲が落ち込む等の症状はうつ病の症状だと言われており、多くの場合、精神科、神経科、心療内科を受診することが一般的です。

 

早期の発見と治療により、予後は良好であり社会生活への復帰、仕事への支障も少なくて済みます。うつ状態が長期に渡り続くと、自殺に対する想いを抱くことや、自傷行為を行う等という深刻な状態に陥ることも少なくありません。

 

そのため、自分自身の不調に気付いたら早期に相談することや、同僚の変化に気付いた時にも周囲の配慮や病院受診を促すことも大切です。働きながら、病気と付き合うことは、容易なことではありませんが必要な時は、診断書を提出し、周囲への理解を促すとともに必要な手続きを行い治療に専念することが大切です。

スポンサーリンク


トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上