うつ病 休職 後悔

うつ病で休職して後悔するのか

うつ病で休職して後悔するのか

うつ病で休職することと周囲の理解

うつ病だと診断され、休職を余儀なくされた方も少なくないでしょうが、その選択がその方にとっては思わしくない結果となった例も多々あります。

 

うつ病で休職した方の中には、休職したことがきっかけとなり職場での人間関係が上手くいかなくなった方もおられます。うつ病を発症したことにより、思考力や判断力の低下等もあり、これまで当たり前にこなしていた仕事ができなかったり、仕事の能率が悪くなったりということも少なくありません。

 

しかし、うつ病で休職した後、職場へ復帰しても、周囲の人々からはそれを理解してもらえずに、これまでと同等の仕事を期待されることや、休んでいた期間の仕事を取り戻すようにと言われたというケースもあります。

 

病気を理解してもらえない上に、周囲からの圧力があり余計に精神的な負担を感じてしまい、復帰後すぐにうつ状態に陥ったという方もおられます。「休職しなければ…」と後悔される方も居られますが、周囲の理解なしに働くことは困難なことであり、うつ病に関する啓発や理解、職場環境の改善が必要です。

 

休職して後悔した

休職して後悔した方々の中には様々な方が居られますが、職場の理解が乏しい会社だけではなく、一方的に正社員から契約社員にされることや、パートタイマーになることを勧められた等があります。

 

会社は、「良かれと思って」していることかもしれませんが、うつ病を発症した本人の生活もあるので全ての人がそのような勤務形態を変えられることを望んでいるわけではなく、休職後に収入減が大きくて後悔している方も少なくありません。

 

うつ病に限らず、病気と共存できる職場や、周囲の理解があればより良いのですが、うつ病をきっかけに転職したり、退職したりする方が少なくないことも現状であり、働く場の提供が問題視されています。

スポンサーリンク


トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上