うつ病 退職

うつ病による退職

うつ病による退職

うつ病発症後の退職

うつ病を発症してから、退職を選択する方や退職を余儀なくされた方は少なくありません。例えば、休職満了期間で治療が終わらずに退職される方や、職場への復帰が難しいと自分で判断された方等様々ですが、退職される際にもこれまで加入してきた保険等の手続きを行い、退職後の生活に備えることが大切です。

 

退職前に傷病手当の受給

うつ病を発症してから、医師により休職の必要性が認められた場合、退職を考える方もおられますが、その前に傷病手当金の受給対象になっている方は、これを受給した後に退職することも1つの手段です。

 

関連ページ:うつ病と傷病手当金

 

うつ病だと診断され、「会社に迷惑のかからないように」と思う方や会社から退職を推奨されることも少なくありませんが、受給できる権利があるものについてはしっかり調べることで今後の生活資金を賄うことができます。診断書を提出することで受けられる保障もあるので覚えておくと良いでしょう。

 

傷病手当金は、標準報酬月額の3分の2が基準となり、最長1年6カ月もの間受給することができます。退職前に休職し、傷病手当を受け取りながら治療に専念することも1つの手段です。その後、退職する意思が変わらないのであれば退職し、復帰の意思があるのであれば、職場と話し合うことが大切です。

 

失業保険の受給

多くの方の場合、退職したら失業保険の受給資格があると思います。失業保険の条件には、働ける能力があることを前提にいていますが、受給までの猶予が3年あるので働ける状態にある時にそれを申請することが可能です。

 

次の仕事を探す際に、自分の体調に合わせて無理なく働ける職場を探すことが大切です。失業保険で支給される金額は、勤続年数と失業の理由でも異なりますが、最低90日の保障を受けることができます。

スポンサーリンク


トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上