うつ病 退職 再就職

うつ病で退職後の再就職

うつ病で退職後の再就職

退職後の再就職

うつ病を発症してから元々勤めていた会社を退職し、再就職に向けて取り組んでいる方も少なくありません。働きたくても、職場の理解がなければ働くことは困難であり、職場の環境への配慮や時間帯、勤務体制等はどうであるかを事前にリサーチすることが大切です。

 

また、うつ病だと言うと、再就職先が決まりにくいということから、面接の際に自分がうつ病であることを申告するか否か悩む方も居られると思いますが、社会生活を円満に営む上では、申告して再就職することをお薦めします。

 

うつ病でも働ける条件

うつ病でも働ける職場とはどのような会社なのかということを考えてみることが大切です。うつ病を発症してからどうして元々勤めていた職場を退職したのかということも踏まえて考えることも大切です。

 

うつ病になって再就職先に多くの方は、病気に対しての理解を求めるでしょう。うつ病を発症した人たちでも、個々の生活スタイルにより働ける環境も異なれば、パートやアルバイトで働きたい方も居られれば、安定した収入を求めて正社員として働きたいと言う方も居られます。

 

また、人を相手にする職業は症状が出始めると困難を伴うことが多く、業務内容がどのようなものであり、自分自身にできる仕事であるのかをしっかり検討することが大切です。

 

退職後、再就職することは、容易ではなく精神的な負担も少なくありませんが、会社の採用担当としっかり話合いを持ち、自分自身がどの程度の仕事ができるのか、雇用形態や出社、退社の時間を決めることや、症状が出た時の対処方法も職場の理解と合意を得ることが大切です。

 

働く環境づくりは、うつ病を発症した本人だけの努力ではどうしょうもありません。周囲の協力を得られる環境を作ることや、受け入れ態勢の充実している職場を選ぶことが最も重要だと言えるでしょう。

 

関連ページ:うつ病の仕事探しうつ病でもできるおすすめの仕事

スポンサーリンク


トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上