うつ病 転職

うつ病による転職

うつ病による転職

うつ病を発症してからの転職

うつ病を発症してから、転職を考える方も多くおられます。新しい環境で働くということは容易なことではありませんが、症状が落ち着き、「働く」ことに対して前向きに考えられることは、その人にとって進歩だと思います。しかし、うつ病という病気は、無理をしすぎると再発のリスクが高まることが懸念され、ご自分の体調と相談しながら慎重に進めていくことが大切です。

 

転職を考えるなら失業保険の受給を

これまで勤めていた会社を休職したものの復帰することができなかった方や、会社に気を使い退職された方、若しくはそれを余儀なくされた方など様々だと思いますが、転職する際にも会社の方針や自分自身の状況がマッチしないと雇用されても続けることが難しくなってしまいます。

 

転職をする際に、雇用保険に加入されている方であれば、会社を退職した後受けられる「失業保険」というものがあります。就職先を探している間、最短90日の失業保険を受給することが可能です。受給金額は勤続年数やその方の給料等でも異なりますが、ハローワークを通じて手続きを行い、経済的な負担を軽減することができます。

 

転職する際に注意すること

転職する際にうつ病という既往歴があると不利になるということを考えて隠してしまう方も少なくありません。しかし、うつ病を患うありのままの自分自身を受け入れてくれる職場でなければ、再発予防が難しくなってしまうことや、再発した際に対処できない職場であれば、その後の就労が困難になってしまいます。

 

長く働いていくには、時間をかけても自分に相応しい職場を選ぶことが大切です。また、仕事を探すことばかりに集中しすぎて自身の体調管理が厳かにならないように心掛けることが必要です。

 

関連ページ:うつ病の仕事探しうつ病でもできるおすすめの仕事

スポンサーリンク


トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上