うつ病と復職

うつ病と復職

うつ病と復職

うつ病によって仕事を休職していて、症状が改善した為に復職する人も多いでしょう。しかし復職後は休職前と状況が変わっている場合が多いです。

 

うつ病の改善後の復職

復職する場合はまず、医師に復職をしても問題が無いという旨を記載した診断書を作成してもらい、会社に提出しましょう。診断書を提出せずに復職した場合、本当に問題が無いかと不安に思われてしまうからです。

 

休職した際に、上司が職場の人へ自分の休職理由を伝えている場合でも伝えていない場合でも、周りの目が気になる事があると思いますが、何も気にせずに仕事を続けていけば周囲の人も気にしなくなります。

 

復職する際、会社側がうつ病の再発を恐れ、以前所属していた部署からの異動を指示する場合や就労条件(勤務時間の短縮や仕事量の調整、雇用形態の変更等)を変える場合があります。

 

その場合は会社側(人事担当者や直属の上司等)とよく話し合い、お互いが納得した状態で勤務出来る様にする必要があります。もし部署の異動や就労条件の変更により働きにくいと感じる様であれば、転職するという事も考えておいた方が良いでしょう。

 

就労支援団体の利用

うつ病が改善しても会社側から復職を拒否され退職する事になった場合や、復職しても上手く仕事が出来ない場合、全国にある就労支援団体を利用して就職活動を行うという方法があります。(就業中にうつ病になってしまい、上手く仕事が出来なくなった状態でも利用する事が出来ます)

 

就労支援団体ではカウンセリングや仕事を行う為のトレーニングを受ける事が出来る上、再就職先を紹介してもらう事も出来ます。

 

就職に関しては一般の求人を紹介してもらえるだけでは無く障害者枠での求人も紹介してもらえる為、精神障害者手帳を取得している場合は障害者枠での就職も考えてみると良いでしょう。

 

障害者枠での就職は一般と比べると給与面は少し低くなりますが、賞与や福利厚生をしっかりと得る事が出来る会社を紹介してもらえます。

 

仕事量もハードでは無く、残業もほとんど無い場合が多い為、仕事に関するハードルが少し下がりますので、楽に働く事が出来るでしょう。

 

また、就労支援団体では就職後でも定期的に職場訪問をして就労状況をチェックしてくれたり、相談に乗ってくれる為、不安を抱えずに仕事が出来ます。

 

うつ病を一度患うと再発する恐れがある為、仕事を続けていく事に不安がある場合は、就労支援団体の利用を考えてみるのも良いでしょう。

スポンサーリンク


トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上