うつ病 家族

うつ病と家族のサポート

うつ病と家族のサポート

うつ病と家族の役割

うつ病を発症して本人も辛いでしょうが、それを支える家族も負担を感じているのではないでしょうか。「どうやって接したら良いのかわからない」、「何を話したら良いのか」、「怠けているように見えてしまう」等と、家族の抱く想いは様々だと思います。

 

うつ病には、いくつかのタイプがあり皆さんがご存じのタイプのうつ病だけではなく、冬季だけに発症する冬季うつ病や、従来のうつ病とは少し違ったタイプの非定型うつ病というものもあり、家族にとっても理解し難いタイプの方も居られるかもしれません。

 

しかし、うつ病は怠けているわけでも、さぼっているわけでもないのです。また、どこも悪くないのに身体的な症状が出ておられ、心配されるご家族も少なくないのですが、服薬と休養で体を休ませることが一番の治療であるということを忘れてはなりません。

 

ご家族の方は、家にいるからと言ってうつ病を発症している当人に仕事を押し付けたり、できないことを責めたりせずに見守ることが大切です。「何もしなくてもいい」「好きに過ごしたら良い」という広い心で受け止めることが大切です。

 

うつ病の家族とのコミュニケーション

ほとんど、活気がみられないご家族に対しての接し方に悩むご家族も少なくありませんが、無理に何か話そうと思ったり、明るく振る舞ったり、本人の希望しない外出に誘ったりする必要はありません。周囲が楽しそうにしていると、自分が取り残された気持ちになったり、自分を必要のない人間だと思い込んだり、逆効果に働くこともあります。

 

家族は、普段の生活の中で、自然な会話をすることが一番大切だと思います。また、薬で症状が落ち着き、自分自身の事や悩みを話してくれるまでに症状が改善されたら、相談にのることが必要です。「私が側にいるから大丈夫」「あなたは1人じゃない」ということを伝えることで安心できると思います。特別なことは、必要ではなく側にいてあげることは家族にできる最大の役割だと思います。

スポンサーリンク


トップページ 体験談:休職半年未満 体験談:休職半年〜2年未満 体験談:休職2年以上